「山本素石」おすすめ作品一覧

「山本素石」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/03/24更新

ユーザーレビュー

  • ヤマケイ文庫 山釣り
    20170824 民俗学者で釣り好きな人の本と思って読んでいた。本人の職業は何であっても、心にすっと入ってくる文章が書けることが作家なのだと思う。
    その意味で良い本と作者に会えたと思いました。
    何となく西丸震哉さんを思い出した。
  • ヤマケイ文庫 新編 溪流物語
    渓流釣りにまつわるエピソードや、渓流に住まう魚の話が愛情たっぷりに記されたエッセー集。
    すてきな感性で描かれた情景は、静謐な渓流の音や匂いをも呼び覚ます。
  • 逃げろツチノコ
    1973年刊の同書を底本としている。
    今や「ツチノコ」という言葉は、もはや懐かしいロマンとどこか滑稽さを感じさせるものとなっている気がするのだけど、むしろそれに惹かれて読んでみた。
    これは……ツチノコは、いるな。
    ツチノコ、槌ノ子、ヨコヅチ、バチヘビ、コロ、ゴハッスン…、様々な名称で呼ばれ、実際に遭...続きを読む
  • ヤマケイ文庫 山釣り
    渓流釣りの話は2割か3割ぐらいで、あとはツチノコ、不思議体験、夜這い、過疎や廃村、自然災害など。
    「もっと釣りの話しろよ!」と思って読んでいたが、途中でこっちが折れた。

    くさしたような言い方になってしまいましたが、釣りじゃない話もたいへんおもしろいです。初めから「渓流釣りのエッセイ」の本ではなく、...続きを読む