柴崎竜人の一覧

「柴崎竜人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/05/01更新

ユーザーレビュー

  • 三軒茶屋星座館4 秋のアンドロメダ
    伏線が全部回収されて、とてもスッキリした最終巻でした。

    途中は、え?誰が悪者?裏切者??と、疑心暗鬼になりながら読んでました。
    ピカ爺が悪者とかイヤだし、サンのお父さんも悪い人じゃないように見えてきたし、、、と、色んな人に肩入れしてたから、最後は村上が悪者で収まってよかったです。
    村上は最後まで気...続きを読む
  • 三軒茶屋星座館3 春のカリスト
    大切な人が亡くなったとき、悲しいのに、それを表現できなくて、冷静に振る舞ってしまう気持ちが何か分かる気がしてずーっと、胸がキューってなりながら、ハラハラしながら呼んでました。
    リリーがいなくなるなんて思ってなかった。電車の中で読んでたのに、涙が出てきて困った。
    みんながしあわせになってほしい。

    ...続きを読む
  • 三軒茶屋星座館3 春のカリスト
    葬式から始まったので誰かが死んだのはわかったけど、リリィだと知ったときは衝撃的だった。和真がリリィの死と向き合うためにリリィの世界でお酒を飲むシーンは涙が出た。
    リリィが開店祝いに持ってきた自分用の大きなショットグラスの本当の意味にとても胸を打たれた。
  • 三軒茶屋星座館4 秋のアンドロメダ
    ついに最終巻。
    今までのいろんな出来事や、過去の話が、1つのストーリーになって見えてくる4巻。
    今回も相変わらず、和真の話す星座のお話はおもしろく、すてきだった。でも今回は、星座のお話以外の部分が重たくて、せっかくだからもっと星座のお話を読みたかったなという感じ。
    今までで1番、暗く重たい印象が残る...続きを読む
  • 三軒茶屋星座館4 秋のアンドロメダ
    冬、夏、春と続いたシリーズの最終巻が秋。物語としては2年の時間が流れている。最初の頃は、星座解説が尖っていたけど、物語はのんびりしている印象だったけど、どんどんキナ臭くなった挙句の完結編。10年分の色々が明らかになっての完結編。