「星里もちる」おすすめ作品一覧

「星里もちる」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:星里もちる(ホシサトモチル)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1961年01月01日
  • 出身地:日本 / 福岡県
  • 職業:マンガ家

1986年『危険がウォーキング』でデビュー。『りびんぐゲーム』、『本気のしるし』、『ルナハイツ』などの多くの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/03/24更新

ユーザーレビュー

  • 光速シスター(3)

    泣けた!

    この作者の作品は前から好きだったが、気になっていたが最後までは読んでいなかった。嘘の妹という話で、兄は記憶を忘れても、自分の責任を果たす悲しい終わりかたに泣けた。読めて良かったと思う。
  • ちゃんと描いてますからっ!(4)
    とても面白かったのに、もう完結(しかも大団円)なのは、主人公が中学生だからだろうなぁ。

    すごく大切なことも描いてあって良いマンガです。
  • ちゃんと描いてますからっ!(4)
    最終巻。終わってみて思うのは、お父さんとあかねちゃんとの話がちょっと駆け足すぎたような。
    奥さんというか、子どもたちが懐いてるからお母さんとして選んだ風にも。
    大人目線としてはなにかもう少し恋愛要素もあってほしかったような気もしますよ。えぇ、大人としては。
    でも主人公が中学生だからこれくらいあっさり...続きを読む
  • 気になるヨメさん(2)
    完結巻。さわやかに大団円。ヨメさんが元気で、ダンナさんが真面目だからでしょうね。お友達夫婦を思い出しました。周囲にも根っからの悪人がいない、星里さんらしい作品。 とにかく道に迷うドジっ子の短編「東京ラビリンス」を単行本初収録。こちらの方がメッセージ性が強かったかも。面白かったです。
  • 夢かもしんない(5)
    副題 抱きしめたい。最終巻にして多くの急展開があり、その上できっちりと終わったと思います。設定上、予想のつく結末といえそうですが、そこまでの出来事が盛り沢山で。初めて読んだのはいつだったかな。学生の頃だったのかも。年令を重ね、IT業界で働いたこともあり、以前よりも色々な思いを重ねて読むことができまし...続きを読む