「市川寛」おすすめ作品一覧

「市川寛」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2012/09/21更新

ユーザーレビュー

  • 検事失格
    佐賀市農協背任事件の主任検事を務めた筆者が事件の実態を明かす。
    自分のことを「良心を捨てた検事」と表現されているが、現代の多忙な社会の中で、「良心」を失っていることを気づかない人が多い中で、検事を辞めることで、「良心」を取り戻せたと思うと、良かったと思う。
  • 検事失格
    大推薦です!検察の問題点を指摘した本は多々ありますが、類書に無い特徴をいくつか挙げます。①検察官が書いているということ。例えば村木厚子さんや佐藤優さんの著作は被告人の立場から書かれています(勿論それはそれで価値があるのですが)。この本は検察官がどのような論理と感情で捜査を行ったのかが手に取るように分...続きを読む
  • 検事失格
    検察・検事の世界を筆者が体験したままを記したノンフィクション。

    その世界の問題点を明らかにするとともに、
    自らの行ってきたことの反省がつづられていた。

    本当にこんなことになっているのかという内容にかなりの衝撃を受けた。
    これが発表されてからも後、その世界は変わっていくことはあるのだろうか、と。
  • 検事失格
    学生時代、検察官に憧れて、司法試験の勉強をしていました。正義の為に犯罪と闘う検事の姿を想像していたのですが、無実の人を犯罪者にしかねない恐ろしい可能性を秘めた怖い仕事だと実感しました。本来あるべき検察制度の確立を望みます。
  • 検事失格
    著者のやったことはもちろんよくないことだが、検事も人間なんだな、ということを感じた。不祥事に限らず、検事の世界の内幕が垣間見れて興味深く読めた。