「中野香織」おすすめ作品一覧

「中野香織」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/04/25更新

ユーザーレビュー

  • シャネル、革命の秘密
    どういう人なのか?今でいうキャリアウーマンの走りで、完璧に自分に自信をもった人間像。戦中はナチスともしたたかに取引を行い、戦後復活という不死鳥の様な女性。
    しかし、実態はそれだけではなかったようだ。パリの社交界、有名人たちとの幅広い交遊、果てしない仕事への渇望など。実態は?父親への渇望では?という。
  • モードとエロスと資本

    服飾史をも紐解いた素敵な本

    服飾史をも紐解いた素敵な本で読みやすく、
    2018年な今、そして未来を映す鏡としての
    ファッションの裏側を見ることが出来ました
  • モードとエロスと資本
    ゼロゼロ年代のファッションシーンの流れ・変遷がざっくりわかった。
    基本的にどの章からも目から鱗が落ちたり、アレってやっぱり不思議なことだったんだなあと振り返ったり。ジル・サンダーとユニクロのコラボなんかはものすごく衝撃的な違和感を覚えた気がする。
    女性の書き手さんなので、男の読み手としてはカワイイと...続きを読む
  • シャネル、革命の秘密
    シャネルの創業者であるガブリエル・シャネルの伝記。かなり細かく調べてあり、同世代の芸術家や貴族たちとの交流、ビジネスの軌跡が興味深い。ガブリエルは今で言うキャリアウーマンやキラキラ女子の先駆けであったことは驚きだったが、不幸な境遇と栄光との間で葛藤を続ける強く哀しい女性でもあり、その辺の描写は特に読...続きを読む
  • モードとエロスと資本
    エロスとモードの相互関係に依って推進されてきたゾンバルト的奢侈資本主義がグローバル化の中でフラット化・凡庸化するという議論。差異化の果てのフラット化は新しい議論ではないが、本書の醍醐味は所々に見え隠れするプラスティックの様な男たちへのチクリとする皮肉、それを支える著者の精神の貴族主義である。