小野木明恵の一覧

「小野木明恵」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/09/30更新

ユーザーレビュー

  • ペルシア王は「天ぷら」がお好き?
    食べものの語源を調べるだけなら、まあ、割りとよくあることなのではないかと思うけど、この本はスケールが違う。
    語源から、異文化交流を重ねてきた人類の、文明の、食への情熱の歴史が、これでもかと綴られる。

    メニューを見るだけで、高級レストランかカジュアルレストランかがわかる。
    高級レストランはメニュー数...続きを読む
  • ペルシア王は「天ぷら」がお好き?
    膨大な古今の言語の海から、食事に関する言葉を辿る旅。先進国だったペルシア・中国から、ヨーロッパを経由して世界中に食べ物が広がっていく様子がわかった。また言葉と価格の相関関係も興味深い。ただ、書名はこれで良いのだろうか?あまりにも内容の一面だけを切り取り過ぎなのではないかと思うが。
  • ペルシア王は「天ぷら」がお好き?
    計量言語学を料理の研究に適用した章と、歴史的な料理に関する言語の変遷を追う章があって、自分の関心は前者によっているのでそっちの方が面白い。
    メニュー中の言語と価格の分析とか、レビュー中に出現する単語の傾向分析とか。こういうの楽しそう。
  • ペルシア王は「天ぷら」がお好き?
    今年読んだノンフィクションの中で一番良いと思った。
    著者はスタンフォード大の言語学とコンピュータサイエンスの教授。
    料理、食材、食品の語源にまつわる考察だけでなく、レストランのメニュー6500件内にある65万種類の料理全てをの価格を調べ、統計的手法で分析した結果、料理の説明に長い単語を使うほど、その...続きを読む
  • ペルシア王は「天ぷら」がお好き?
    タイトルに惹かれて購読。

    序章からいきなり興味をそそられる事実が羅列されている。
    例えば、

    ケチャップはもともと魚を発行させた中国のソースだった。
    フィッシュ・アンド・チップスは6世紀のペルシャの王たちが好んだ甘酸っぱい煮込み料理に由来する。
    乾杯を意味するtohstはトーストしたパンにまつわる...続きを読む