「小野木明恵」おすすめ作品一覧

「小野木明恵」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/09/30更新

ユーザーレビュー

  • ペルシア王は「天ぷら」がお好き?
    計量言語学を料理の研究に適用した章と、歴史的な料理に関する言語の変遷を追う章があって、自分の関心は前者によっているのでそっちの方が面白い。
    メニュー中の言語と価格の分析とか、レビュー中に出現する単語の傾向分析とか。こういうの楽しそう。
  • ペルシア王は「天ぷら」がお好き?
    今年読んだノンフィクションの中で一番良いと思った。
    著者はスタンフォード大の言語学とコンピュータサイエンスの教授。
    料理、食材、食品の語源にまつわる考察だけでなく、レストランのメニュー6500件内にある65万種類の料理全てをの価格を調べ、統計的手法で分析した結果、料理の説明に長い単語を使うほど、その...続きを読む
  • ペルシア王は「天ぷら」がお好き?
    2017年3月

    日本人が食べる、天ぷらがペルシアの王が好きだった、肉を酸っぱく煮たシクバージだった。などのあらゆる食べ物に関しての一冊
  • ペルシア王は「天ぷら」がお好き?
    様々な「食」を言語学の観点から紐解いた本。
    作り方さえ知っていればどこまでも広がっていく。そして独自のアレンジが加えられてその土地の食べ物になって、さらに伝播が続いていく。つくづくレシピってのは凄いなぁと感心させられます。そんな歴史を色々なエピソードから描いた本です。
    他にも、高いレストランと安いレ...続きを読む
  • ペルシア王は「天ぷら」がお好き?
    世界の料理のルーツと変遷を言語学の手法で解き明かす。著者はスタンフォード大学の言語学の教授、インターネットで入手した膨大な文献を統計的に分析している。高級レストランと安店のメニューの統計的特徴、邦題にあるテンプラのルーツが6世紀ペルシアにあること、ケチャップはなぜトマトケチャップなのか、そして鮨との...続きを読む