相澤理の一覧

「相澤理」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:相澤理(アイザワオサム)
  • 生年月日:1973年
  • 出身地:日本

東京大学文学部卒。著書に『歴史が面白くなる ディープな戦後史』、『歴史が面白くなる 東大のディープな日本史』、『世界一わかりやすい日本史の授業』などがある。

作品一覧

2019/02/01更新

ユーザーレビュー

  • 大学入試 マンガで倫理が面白いほどわかる本
    高校生以来、もう一度倫理を学びたくなって購入。マンガなのでとてもわかりやすく&おもしろくて、参考書だけど飽きずに読み切ることができました✨
    でも表紙の絵がちょっと…
  • 歴史が面白くなる ディープな戦後史
    予備校講師が母校一橋大学の日本史の入試問題を題材に一般紙向けの連載に書いたものを新書にまとめた本。
    近現代史に重きをおく母校の入試。一通りの入試勉強を終えた後、参考書じゃなくて、昭和史の新書とかを読んでいたよなとかも思い出したり。経済史の先生とかがいるから、近現代史が多いんだろうなと思っていましたが...続きを読む
  • 歴史が面白くなる ディープな戦後史
    ○東進ハイスクール講師の相澤氏の著作。
    ○「東大日本史」シリーズ(?)の3作目。本作は、一橋大学の入試問題をベースに、”戦後史”にテーマを絞った作品。
    ○前作同様、解説が適確で面白く、あっという間に読めてしまった。特に戦後史は、学校でもさらっとやってしまった気がしており、出来事や条約などの名称は覚え...続きを読む
  • 歴史が面白くなる ディープな戦後史
    学校教育において、わりかし端折られやすい現代史について問題を通して解説されている一冊。あらゆる面や立場が複雑に絡み合って現在の日本を構成していることがわかる。
  • 歴史が面白くなる ディープな戦後史
    ≪目次≫
    第1部  占領下の日本
     第1章 日本国憲法は「押しつけ」なのか?
     第2章 冷戦は日本にどのような影響を与えたのか?
     第3章 サンフランシスコ講和条約をめぐる争点とは?
     第4章 財閥解体は成功したのか?
    第2部  保守政権の誕生
     第5章 自由民主党の結成理念とは?
     第6章 安保闘...続きを読む