トマス・ブルフィンチの一覧

「トマス・ブルフィンチ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/03/25更新

ユーザーレビュー

  • 完訳 ギリシア・ローマ神話 上
    めっちゃ面白いし、とても読みやすく書いてくださっているのでさくさく読めてしまう(*´ー`*)
    それぞれのエピソードに関連する作品を引用してくれているのでそこも楽しめるし、実際に読んでみたくなる。(ただやっぱりイギリス作家が多いので他のは自分で探す楽しみがあるな)

    何で1年生の時に手を伸ばさなかった...続きを読む
  • 新訳 アーサー王物語
    アーサー王物語は、王自身の話と円卓の騎士との話が混ざり、関係性が掴みづらい場合が多いが、ブルフィンチがわかりやすく交通整理をしてくれたおかげで分かりやすい筋になっていて、読みやすい。
    パルジファルの聖杯の伝説は、特に有名でワーグナーの楽劇等で色々な形で見られる。
  • 新訳 アーサー王物語
    平易に書かれたアーサー王物語。
    読みやすく面白かった。
    マーリン、ランスロット、トリストラム、ギャラハドなどファンタジー系アニメに出てくる人物の出典が確認できる。
    ブリトン人の英雄アーサーがゲルマン族を追い払ったくだりはほとんどなかったが誰でも楽しめるアーサー王物語だった。
  • 新訳 アーサー王物語
    アーサー王の一生が書かれた話ですが、ほかの円卓の騎士の話も沢山入っていて読みやすいです。ランスロットがアーサー王より前に出ている感。全体通してみんなかっこいいですね。かいつまんでいるようなので、ほかの詳しい本も読んでみたいです。
  • 新訳 アーサー王物語
    劇団四季の美女と野獣の一節から、読んでみようと手に取った一冊。散文的な物語の集まり。
    「正しき者には危険はない、ただ卑怯者に逢うとき以外は」という一文が心に残った。しかしこの舞台、6世紀のイギリスでの正義の定義は現代と違って難しい。