グレゴリーコクランの一覧

「グレゴリーコクラン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2012/05/25更新

ユーザーレビュー

  • 一万年の進化爆発 文明が進化を加速した
     人間の遺伝子は旧石器時代から変化していない――そう思っていた時期がありました。実際には現在進行形で進化は続いており、農耕が始まった一万年前から加速している、と著者は云う。ヨーロッパ人がアメリカ大陸を支配できたのは伝染病のおかげだが、病原菌への耐性の違いは生物的違いに由来する。スペイン人とアメリカ先...続きを読む
  • 一万年の進化爆発 文明が進化を加速した
    遺伝歴史学だそうだ。おもしろい。環境が変化したら進化のスピードも上がります。そりゃそうだよね。旧石器時代から人間はまった進化してません、みたいなのはおかしいと思ってた。

    ネアンデルタールとの混血とか農耕開始による自己家畜化とか。ユダヤ人頭いいのは中世の自然選択だろうとか。まあ怪しいところも多いとは...続きを読む
  • 一万年の進化爆発 文明が進化を加速した
    生物学は、人種の間に差はない、現生人類は進化が止まっているという学説を主流においた。著者は主流学説に反して、現在も人類は進化し続けているとする。以下印象的な箇所のレジュメ。

    ・植物や動物は、残したい形質を選択的に遺伝させることで、品種改良できる。品種改良は数世代で簡単に行える。品種改良は進化の一種...続きを読む
  • 一万年の進化爆発 文明が進化を加速した
    意欲作にして問題作。人類の進化は今まさに進んでいて、知能が自然選択で伸びたりしているという、ともするとポリティカリー・インコレクトな議論。

    たしかに、見た目の違い、オリンピックの100m走、乳糖耐性、鎌状赤血球などを見れば、民族間で遺伝子レベルに由来する表現型の差異があるのは明らかだ。あとは進化論...続きを読む
  • 一万年の進化爆発 文明が進化を加速した
    本書の内容はあくまでも学会のコンセンサスではないしファクトとして危うい部分もあるので、それらは差っ引いて読むべきだが、面白い内容ではある
    政治的に正しいのか微妙な箇所もいくらか目に付くのは玉に瑕