「北川悌二」おすすめ作品一覧

「北川悌二」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/01/24更新

ユーザーレビュー

  • ピクウィック・クラブ(上)
    『実業界を引退したゆたかな紳士ピクウィック氏は、素朴な人柄で、人間愛に満ちた人である。彼は行く先々で人を助け、悪をこらしめようと力をつくす。しかし、人がよすぎて、かえって失敗ばかり……。明るく楽しい笑いの底に人間回復の願いを託す、ディケンズ最初の長篇小説』展開の妙。描写も的確。伏線もしっかり効いてお...続きを読む
  • ピクウィック・クラブ(中)
    『ピクウィック氏は、そのもちまえの善意から、裁判をはじめ、ごたごたした事件にまきこまれる。もつれにもつれた糸は、はたしてどうとけてゆくのか……。〈ピカレスク小説〉のおもむきゆたかに、イギリスの一時代の姿を、戯画化しながら生き生きと伝える』シベリア流刑時のドストエフスキーも読んでいたという。
  • ピクウィック・クラブ(下)
    『ピクウィック氏は波乱にみちた遍歴を終わり、今は落ち着いた毎日である。体は少し弱っていても精神は若々しく人々の敬意を集めている…。すべてのいざこざも収まり、おだやかな雰囲気のうちに、このイギリス文学を代表する小説は幕となる』静かな感動をもたらすラストがいい。
  • 骨董屋(下)
    最近映画になっているオリバー・トゥイストの作者、チャールズ・ディケンズの著書です。ディケンズの作品のなかでは、私はこの骨董屋が一番好きです!因みに筑摩書房も好きなんです・・・(関係ナイ(^^;)) 話は、お人よしのやさしいネル(ネリー)の話。ネルには博打好きのおじいちゃんがいて、ネルが一生懸命働いて...続きを読む