種田山頭火の一覧

「種田山頭火」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

作品一覧

2021/10/01更新

赤い壺
無料あり
一草庵日記
無料あり
片隅の幸福
無料あり
行乞記
無料あり
草と虫とそして
無料あり
鎖ペンを握って
無料あり
雑記
無料あり
雑信
無料あり
四国遍路日記
無料あり
白い花
無料あり
白い路
無料あり
述懐
無料あり
草木塔
無料あり
草木塔(新仮名)
無料あり
旅日記
無料あり
鉄鉢と魚籃と
無料あり
故郷〔扉の言葉〕
無料あり
遍路の正月
無料あり
歩々到着
無料あり
松山日記
無料あり
水〔扉の言葉〕
無料あり
道〔扉の言葉〕
無料あり
物を大切にする心
無料あり
夜長ノート
無料あり
私の生活
無料あり
私の生活
無料あり
私の生活(二)
無料あり
私を語る
無料あり

ユーザーレビュー

  • 山頭火随筆集
    種田山頭火は、“自由律俳句”と呼ばれる独特な句を多く残しているが、その作品を選んだモノ、同人誌等に寄せた文章、「行乞記」と呼ばれる旅の記録の抜粋、編者による彼の人生や文学の解説と詳しい年譜が盛り込まれた一冊だ…
    「実に手軽に読める文庫本」でありながら、豊富な内容を詰め込んで、“漂白の俳人”の作品や人...続きを読む
  • 行乞記 (一)

    漂泊歌人の生き様が強烈

    山頭火の行乞記を読んで、今迄、感じていた自由人でいいな!という憧憬感を完全に覆す、凄まじい生き方の日々に自堕落な自分は完全に打ちのめされた思いである。「漂泊の歌人」この言葉だけでは、この生き様は伝わらない!
  • 山頭火随筆集
    「物を味わふ、それこそが生きるということなのだ」。初めて読んだとき衝撃を受けた。ラーメンを食べるのも本を読むのも、あるいは歯を磨くのも風呂に入るのも、僕にとってそれはただ単に手段であって消費すべき対象に過ぎなかった。
     味わう、それを本当に地で行っている人間がどれほどいようか。キンモクセイの香りも、...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!