「アダム・ラシンスキー」おすすめ作品一覧

「アダム・ラシンスキー」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2012/03/23更新

ユーザーレビュー

  • インサイド・アップル
    シリコンバレーの事情通でもなかなか細部をつかめていなかったアップル社の内部事情を、丹念な取材に基づいて詳細に記した本。著者は「フォーチュン」誌の記者であり、ジャーナリスト嫌いで有名なジョブズ氏のお気に入りの記者の一人、ということらしい。本書では、数万人の社員を抱える大企業としてはとても理解できないジ...続きを読む
  • インサイド・アップル
    本書は「ポスト・ジョブズ」のアップルの組織の内部というモノをアップルに勤めたことのある人間に取材に取材を重ねて綴られたものです。その全貌を、元幹部・社員ら数十人の証言で初めて明らかにする貴重な記録。

    本書は「ポスト・ジョブズ」のアップルの組織の内部というモノをアップルに勤めたことのある人間に取材に...続きを読む
  • インサイド・アップル
    ジョブズがメインで語られるアップルについて、アップルという企業体にスポットを当てた独自の視点で書かれた本。
    iphoneのリリースなどギリギリまで明かさないなど秘密主義的なことは以前から聞いていたが、社内でもプロジェクトに応じて社員間でも秘密主義的な組織形態であったことには驚きだった。
    徹底的なトッ...続きを読む
  • インサイド・アップル
    著者は、フォーチューン誌の記者。アップルのジョブスに焦点を当てた書籍やアップルの経営戦略に焦点を当てた書籍はおおいものの、本書はアップルの組織(人物)の焦点を当てて書いている。

    ジョブスというカリスマの下でどのようにして会社がなりたっていたのか、発行年の2012年のジョブス亡き後でどのように組織と...続きを読む
  • インサイド・アップル
    いままでのアップル本とは違い、ジョブズの「洗脳」を受けて育った最高幹部にスポットを当て、ティム・クック体制の今後についてもいろいろと検討している点が読みどころのひとつ。読む前にAppleのKeynoteのビデオを見て、マンスフィールドやフォーストールという名前が文中に出ても顔が思い浮かぶようでないと...続きを読む