よんの一覧

「よん」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2021/11/05更新

ユーザーレビュー

  • 自閉症の僕が跳びはねる理由(角川つばさ文庫)
    数年に一度、トライやる・ウイークで自閉症の子どもを受け入れることがある。

    僕は機敏な動きができないため、ぶつかられるのを恐れ、遠巻きにその子の名を呼ぶ。

    名を呼ばれても反応しなかったその子が、いきなり別のタイミングで僕に向かって駆けてきた。

    ぶつかる!

    と思った瞬間、その子は僕の正面で立ち止...続きを読む
  • 自閉症の僕が跳びはねる理由(角川つばさ文庫)
    読みやすかった。タイトルに釣られて読んでみたが、自分には全くない視点で新鮮であった。またそれと同時に著者のお陰で自閉症の苦しさも知らないながらに感じたと思う。読んでみて、人間って苦しいなと感じれた。
  • 恐怖コレクター 巻ノ一 顔のない子供
    都市伝説を現実にしたくて、呪いをかけている双子の妹。その都市伝説を追って旅する謎の少年、双子の兄。そして兄の相棒、人面犬のジミー。そんな二人に次々とおそいかかってくる都市伝説。二人は呪いのマークを回収できるのか…?
  • 恐怖コレクター 巻ノ二 呪いの鬼ごっこ
    私がおすすめするところは、1つ1つの都市伝説で、千野フシギがこまっている人を助けながらヒミツをおうところが、すこしこわいけど、おもしろいところです。
  • 自閉症の僕が跳びはねる理由(角川つばさ文庫)
    身体が勝手に動いてしまうこと。
    活元運動を連想した。

    人間の身体とか、宇宙とか、まだまだ、わからないことがたくさんあるのだと思う。
    こうやって自閉症の方の感じ方を文章にして共有できるの、貴重でありがたいと思った。

    人と人は分かり合えない。
    という前提で生きていければ、もう少し楽なのかもしれない。...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!