「正岡子規」おすすめ作品一覧

【正岡子規】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/01/24更新

無料
あきまろに答ふ
0円(税込)
無料
曙覧の歌
0円(税込)
無料
犬
0円(税込)
無料
歌よみに与ふる書
無料
歌よみに与ふる書(旧仮名)
無料
画
0円(税込)
無料
かけはしの記
0円(税込)
無料
鎌倉一見の記
0円(税込)
無料
寒山落木 巻一
0円(税込)
無料
句合の月
0円(税込)
無料
九月十四日の朝
0円(税込)
無料
九月十四日の朝
0円(税込)
無料
くだもの
0円(税込)
無料
熊手と提灯
0円(税込)
無料
雲の日記
0円(税込)
無料
恋
0円(税込)
無料
権助の恋
0円(税込)
無料
酒
0円(税込)
無料
刺客蚊公之墓碑銘
無料
死後
0円(税込)
無料
車上の春光
0円(税込)
無料
小園の記
0円(税込)
無料
字余りの和歌俳句
無料
従軍紀事
0円(税込)
無料
すゞし
0円(税込)
無料
高尾紀行
0円(税込)
無料
旅
0円(税込)
無料
旅の旅の旅
0円(税込)

ユーザーレビュー

  • 病床六尺 ─まんがで読破─

    『病牀六尺』は、正岡子規の死の2日前まで新聞連載された随筆だそうだ。
    私事だが、大学時代の同級生が数年前に病気で他界して、その彼がフェイスブックに時折「病床六尺」と併記していたのだが、その時の苦痛や苦悩を重ね合わせて想像した。
    自伝的構成だったが、子規の生きる姿勢と文学者としての意思を感じることがで...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • ちくま日本文学全集正岡子規

    くだもの
    ラムプの影
    九月十四日の朝
    俳句
    俳句問答
    古池の句の弁
    墨汁一滴(抄)
    夏の夜の音

    小園の記
    明治三十三年十月十五日記事
    松蘿玉液(抄)
    歌よみに与うる書
    死後
    煩悶
    熊手と提灯

    病牀六尺(抄)
    短歌

    車上所見

    雲の日記
    飯待つ間

    Posted by ブクログ

  • 仰臥漫録

    受験の現代文の問題集に使われていて、ずっと読みたかった一冊。
    俳句の知識もまったくなく、子規についても全然知らない私でも面白く読むことができました。
    食べ物で生きる意思を繋いでいる様子がなんともいじらしいというかなんというか。
    読み進めていくうちにはまっていきました。

    Posted by ブクログ