正岡子規の一覧

「正岡子規」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

作品一覧

2020/06/25更新

無料あり
あきまろに答ふ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
曙覧の歌
  • ブラウザ試し読み

無料あり
犬
  • ブラウザ試し読み

無料あり
歌よみに与ふる書
  • ブラウザ試し読み

無料あり
歌よみに与ふる書(旧仮名)
  • ブラウザ試し読み

無料あり
画
  • ブラウザ試し読み

無料あり
かけはしの記
  • ブラウザ試し読み

無料あり
鎌倉一見の記
  • ブラウザ試し読み

無料あり
寒山落木 巻一
  • ブラウザ試し読み

無料あり
句合の月
  • ブラウザ試し読み

無料あり
九月十四日の朝
  • ブラウザ試し読み

無料あり
九月十四日の朝
  • ブラウザ試し読み

無料あり
くだもの
  • ブラウザ試し読み

無料あり
熊手と提灯
  • ブラウザ試し読み

無料あり
雲の日記
  • ブラウザ試し読み

無料あり
恋
  • ブラウザ試し読み

無料あり
権助の恋
  • ブラウザ試し読み

無料あり
酒
  • ブラウザ試し読み

無料あり
刺客蚊公之墓碑銘
  • ブラウザ試し読み

子規句集
  • ブラウザ試し読み

無料あり
死後
  • ブラウザ試し読み

無料あり
車上の春光
  • ブラウザ試し読み

無料あり
小園の記
  • ブラウザ試し読み

無料あり
字余りの和歌俳句
  • ブラウザ試し読み

無料あり
従軍紀事
  • ブラウザ試し読み

無料あり
すゞし
  • ブラウザ試し読み

無料あり
高尾紀行
  • ブラウザ試し読み

無料あり
旅
  • ブラウザ試し読み

無料あり
旅の旅の旅
  • ブラウザ試し読み

無料あり
蝶
  • ブラウザ試し読み

無料あり
土達磨を毀つ辞
  • ブラウザ試し読み

無料あり
東西南北序
  • ブラウザ試し読み

無料あり
徒歩旅行を読む
  • ブラウザ試し読み

無料あり
読書弁
  • ブラウザ試し読み

無料あり
夏の夜の音
  • ブラウザ試し読み

無料あり
俳人蕪村
  • ブラウザ試し読み

無料あり
墓
  • ブラウザ試し読み

無料あり
墓
  • ブラウザ試し読み

無料あり
初夢
  • ブラウザ試し読み

無料あり
煩悶
  • ブラウザ試し読み

無料あり
人々に答ふ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
病牀苦語
  • ブラウザ試し読み

無料あり
病牀瑣事
  • ブラウザ試し読み

無料あり
病牀譫語
  • ブラウザ試し読み

無料あり
病牀六尺
  • ブラウザ試し読み

病牀六尺
  • ブラウザ試し読み

無料あり
再び歌よみに与ふる書
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 病牀六尺
    死を目前にして、生命の輝くのが読み取れます。
    2019/08/16追記 改めて読み直すと、100回目の文章、127回目の文章に深く感銘を受ける。このようなにか、103、104回目のユーモアに心の温まりを覚えました。
  • 子規句集
    正岡子規は35年という短い生涯の間に多彩な文学 活動をおこなったが、その文学は俳句にはじま り、最後まで片時も俳句から離れることはなかっ た。『ホトトギス』を主宰、蕪村を再発見した近 代俳句の先駆者子規の秀句2306句を選び、その 俳句世界をあますところなくつたえる。改版にあ たり、新たに初句索引を...続きを読む
  • 病牀六尺
    そんなにも苦痛なのに休まず精力的に文章を書き続けている。
    六尺の空間から世界とつながり続けていたのだと思う。
  • 病牀六尺
    『墨汁一滴』に続き、子規の死の2日前まで新聞連載された随筆全126回。

    それぞれの内容は、自身の病状、それに伴う煩悶、その日食べた物や贈られた物について、病人を看護する者への提言、美術論、俳句論、政治経済教育等々多岐に渡っており、読み物として非常に面白い。

    通読して最も印象的だったのは、第1回か...続きを読む
  • 病牀六尺
    本当に病の床で書いたものであることを
    Jブンガクで知りました。

    自分では,そんな状況でよう文章が書けないような気がしました。