正岡子規の一覧

「正岡子規」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

作品一覧

2021/04/22更新

あきまろに答ふ
無料あり
曙覧の歌
無料あり
犬
無料あり
歌よみに与ふる書
無料あり
画
無料あり
かけはしの記
無料あり
鎌倉一見の記
無料あり
寒山落木 巻一
無料あり
句合の月
無料あり
九月十四日の朝
無料あり
九月十四日の朝
無料あり
くだもの
無料あり
熊手と提灯
無料あり
雲の日記
無料あり
恋
無料あり
権助の恋
無料あり
酒
無料あり
刺客蚊公之墓碑銘
無料あり
死後
無料あり
車上の春光
無料あり
旅
無料あり
旅の旅の旅
無料あり
蝶
無料あり
土達磨を毀つ辞
無料あり
東西南北序
無料あり
徒歩旅行を読む
無料あり
読書弁
無料あり
夏の夜の音
無料あり
俳人蕪村
無料あり
墓
無料あり
墓
無料あり
初夢
無料あり
煩悶
無料あり
人々に答ふ
無料あり
病牀苦語
無料あり
病牀瑣事
無料あり
病牀譫語
無料あり
病牀六尺
無料あり
ベースボール
無料あり
墨汁一滴
無料あり
万葉集巻十六
無料あり
万葉集を読む
無料あり
飯待つ間
無料あり
病
無料あり
闇汁図解
無料あり
夢
無料あり
夜寒十句
無料あり
四百年後の東京
無料あり
ラムプの影
無料あり
ランプの影
無料あり
わが幼時の美感
無料あり

ユーザーレビュー

  • 子規句集
    正岡子規は35年という短い生涯の間に多彩な文学 活動をおこなったが、その文学は俳句にはじま り、最後まで片時も俳句から離れることはなかっ た。『ホトトギス』を主宰、蕪村を再発見した近 代俳句の先駆者子規の秀句2306句を選び、その 俳句世界をあますところなくつたえる。改版にあ たり、新たに初句索引を...続きを読む
  • 墨汁一滴
    子規の病床での随筆。というより今でいうならブログっぽいなと。

    達観してるよなぁ。調べてみたら初めて喀血したの私より若い時だ。そりゃ達観もするか。死を思っていても湿っぽくならない子規。淡々と死を受け入れている。
    そして何が面白いって同時代人の情報が。漱石が遊びにきたり明星が廃刊になったって書いたら与...続きを読む
  • 墨汁一滴
    病床の正岡子規の随筆。ちょっと難しかったけど、やっぱりいいものはいい。

    ここまで苦しみもがきながらも、彼の研ぎ澄まされた感性と、生きることへの喜び、美意識の高さには本当に感動しました。

    表紙や本文の空白に埋まっている小鳥の挿絵などからそれが伝わってきます。
  • 墨汁一滴
    子規が病床で書いた随筆。かなり素直に病状をつづったり、詩の世界について語っている。個人的には子規の添削している投稿句が白眉。面白かった。警句っぽいのもいい感じでした。
  • 墨汁一滴
     1901(明治34)年、子規が死の前年に新聞に連載した随筆。
     このときすでに正岡子規は立って歩けず、ひたすら病床に伏せっていたようである。ウィキペディアによると脊椎カリエスだという。
     書かれた断片はたった1行のものからせいぜい2ページ程度に及ぶもので、闘病生活のこと、雑誌などを読んでの詩歌批評...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!