「小杉あきら」おすすめ作品一覧

「小杉あきら」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2012/02/03更新

ユーザーレビュー

  • マンガ 世界の歴史がわかる本【大航海時代~明・清時代】篇
    勉強用だけあって字が多くて疲れてしまう。世界史苦手なので更に。でも読書後は世界史の苦手意識は減った。初心者にオススメ。
  • [マンガ]日本の歴史がわかる本【室町・戦国~江戸時代】篇
    日本の歴史がわかる本、シリーズ2冊目です。
    今回は室町・戦国~江戸時代まで。
    この本マンガだけど侮れません!というのも端々に著者の学者としての見解がちりばめられているのです

    今回むむっと思ったのは本能寺の変。
    光秀の謀反の動機について、源平交代思想の側面から考えられていました。
    源氏であ...続きを読む
  • [マンガ]日本の歴史がわかる本【幕末・維新~現代】篇
    1,2巻と楽しく読んできたが、最終巻は現代に話が及ぶので、愉快とばかり行かない。昭和戦争とそれを引き起こす昭和前期の社会状況は全然笑えないものであり、私の心中も穏やかでない。私だけでなく、多くの現代日本人にとってこの時期は特別ではないか。現時点で私に何か一言すべきメッセージはないが、何とかこの点に関...続きを読む
  • [マンガ]日本の歴史がわかる本【古代~南北朝時代】篇
    マンガだから1時間で読み切った。それでも歴史の筋を大まかに辿れるから、それなりに面白い。為政者の感情がダークに描かれているので、鵜呑みは禁物で、ちょっとした歴史体験としてほぼ娯楽である。ただ、気合いを入れて読書するばかりも、書く文章は硬くなるから、一種の清涼剤だ。知を啓くものではない。
  • [マンガ]日本の歴史がわかる本【室町・戦国~江戸時代】篇
    一気に読んだ。当時の中心にいる人物に焦点を当てて話を組み立てている。通史の流れを追う意味では効果的で、呑み込みがしやすい。それだけ読み物として楽しく、これがマンガにする眼目だろう。サブカルチャーの勢いがよく取り沙汰されるのも分かる。マンガは面白い。

特集