一青妙の一覧

「一青妙」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/11/10更新

ユーザーレビュー

  • わたしの台湾・東海岸―「もう一つの台湾」をめぐる旅―
    台湾に残る日本、台湾人のアイデンティティまで踏み込んでいて、食べ物や若者文化だけじゃない「台湾」を深く知れる内容だった。かなり読みごたえあり。台湾リピーターにおすすめ。また開拓したい場所が増えた。
  • わたしの台湾・東海岸―「もう一つの台湾」をめぐる旅―
    次の台湾旅行の参考にと思って手に取った一冊。
    観光地の紹介にとどまらず、著者の生い立ちやその地域の歴史、さらに民俗学的見地にまで踏み込んで書かれており、興味が広がった。
    食レポもあり、苦手だから食べられない、といった、著者の素直な姿勢が見えてほほえましい。
    ほかの地域についての著書も読みたいと思った...続きを読む
  • わたしの台南―「ほんとうの台湾」に出会う旅―

    ほっこり。

    最初の4分の1くらいはしつこいくらいに食べ物の話がこれでもかと続きます。しかし、その後はあたたかい魅力的な台南の人たちとの交流が描かれており、ほっこりとした仕合わせな気持ちになれます。お勧めです!(食べることが好きな人へは超超超お勧めです!)
  • わたしの台南―「ほんとうの台湾」に出会う旅―
    前半は著者オススメの食や観光の情報、後半は著者と台南の関わり、人との出会いなど。台南旅行を計画しているのでガイド本のつもりで読んだのだけど、思いがけずそれ以上に楽しめる本だった。
    著者はてっきり一青窈だと思って読んでいたら、途中で一青窈のお姉さんであることが判明。改めて著者名を見たら「一青妙」だった...続きを読む
  • ママ、ごはんまだ?
    父は台湾人で母は日本人、舞台女優・歯科医師・ナレーターという様々な顔を持ち、歌手一青窈の姉でもある一青 妙さんの書かれたお母様が作られる料理にまつわるエッセイ。本筋に絡めて語られる、ご両親の馴れ初めから始まる一家のなかなかドラマティックな人生模様も興味深かった。

    日本人のお母様が結婚後台湾に渡り、...続きを読む

特集