河野典生の一覧

「河野典生」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/10/25更新

ユーザーレビュー

  • 八月は残酷な月~昭和ミステリールネサンス~
    河野典生『八月は残酷な月』光文社文庫。

    何とも懐かしい作家ではないか。日本のハードボイルド小説のパイオニアにして、SF小説の旗手でもあった河野典生の傑作短編集。男と女、憎しみと哀しみ、ジャズと犯罪、暴力が懐かしい昭和初期を舞台にいかしたサスペンスを紡ぎ出す。8編を収録。

    『ゴウイング・マイ・ウェ...続きを読む
  • 八月は残酷な月~昭和ミステリールネサンス~
    初めて読む作家さん。
    <昭和ミステリールネサンス>と銘打って、昭和50年~60年代の作家陣の短編集を出しているらしいのだが、その第四弾。

    読者の想像力を試される、場面転換の多い作品だった。
    様式美というか形式美というか、このシーン、このやり取り、この図、この結末を描きたいための作品というものも多い...続きを読む