「吉崎達彦」おすすめ作品一覧

「吉崎達彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/04/28更新

ユーザーレビュー

  • 気づいたら先頭に立っていた日本経済
    第2の人生こそ本物の人生だ。 50歳で隠居して、そこから測量を学び、73歳まで日本全国を歩いて伊能地図を完成した。第二の人生の達人、伊能忠敬。 それでも私は二郎に通う。 ラーメンはなぜ快楽なのか。 選挙が好き。 
    ディズニーとソニー、思えば、ソニーぐらい遊び」が似合う日本企業は少ない。「自由闊達にし...続きを読む
  • 1985年

    ターニングポイント

    1985年は本当にターニングポイントとというか、象徴的な年でした。日本の盛衰40年齢説が頷けるます。
    同世代人として楽しく考えながら読ませていただきました。

  • 1985年
    1985年と2005年の違いはあまりない。
    この本がそう教えてくれた。
    20年の間には変化はあれど、また戻ってきた。
    政治経済のみならず、文化も書かれているので、読みやすい。
  • 気づいたら先頭に立っていた日本経済
    かんべいさんの溜池通信を読んでいる読者として
    本となれば 読まねばと思って 読ませていただいた。
    経済が GDPだけで 語られるとしたら
    やはり、経済って 面白くないものになってしまう。
    ニンゲンの生活を まるごと受け止める 経済とは
    という視点からの 遊民経済学。
    いいねぇ。この切り口。鮮やかで、...続きを読む
  • 気づいたら先頭に立っていた日本経済
    タイトルはあまり関係なく、遊びをテーマにした経済学。遊びばかり並べた点が面白い。観光業からラーメン二郎まで。