吉村慎吾の一覧

「吉村慎吾」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/08/23更新

ユーザーレビュー

  • イノベーターズ 革新的価値創造者たち
     吉村慎吾さんにとっては、初めての著書(2014発行)であるためか、まとまりがあるとは言えないが、先に読んだ『日本流イノベーション(2017発行)』に比べ、まるで生の講演を聴いているように、魂をぶつけられているような熱さを感じた。

     イノベーションは、技術革新をは違う、とのことだが、テクノロジーの...続きを読む
  • イノベーターズ 革新的価値創造者たち
    Innovation or die.
    会社が成長する過程ではイノベーターではなくオペレーターが活躍する。オペレーターの大事にする価値観は「秩序」「安定」「効率」である。彼らの存在そのものが会社の成長抑制因子となる。彼らは善意でイノベーターが絶対に答えられない質問を矢継ぎ早にして苦しめ、挑戦意欲、創...続きを読む
  • AI時代に輝く経営の教科書
    スマホネイティブの若者たちの生き方や働き方、それを踏まえたマネジメント方法など、筆者の主観的な要素も多いが納得感がある。「いかに自分らしく楽しく生きるか」が若者たちにとって大事というのは同感だ。ただ、バブル世代以降の人、今の50代、40代の多くもそう思っているのではないか。違うのは熱中する対象と熱中...続きを読む
  • 日本流イノベーション―――日本企業の特性を活かす成功方程式
    イノベーションは、危機を乗り越えるために起こさなければならない。
    AI時代を生きるビジネスマンにとって、必読の書
     上司が聴いてきた講習会のフィードバックをしてくれた時、直感的に、これは講師の著書を読んでおいた方が良いと感じた。イノベーションは、更なる成功のためではなく、むしろ危機を乗り越えるために...続きを読む
  • 日本流イノベーション―――日本企業の特性を活かす成功方程式
    アメリカIoTの事例紹介とそれによる産業構造の変化を予見する。時代の流れ、方向性を考えるにはよい本である。イノベーションに関しては既に他の本で語られているような内容なのでこの本独自の気付きは少ない。AI化に対する仮説があまりに極論すぎるのが残念。このあたりがいかにもコンサル系の概念先行論という感じ。