ラッセル・ブラッドンの一覧

「ラッセル・ブラッドン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/11/21更新

ユーザーレビュー

  • ウィンブルドン
    サスペンス部分はおまけ。
    メインは二人の熱い友情(?)の青春小説
    そんなカンジで読みました。
    ワタシは好きです(*´ω`*)
  • ウィンブルドン
    祝・復刊!とても面白かった。1977年の作品なので、片手バックハンドが主流だったり携帯電話がなかったり、今とは違う状況も多々あるが、前半の青春編も後半のミステリ編も大変読み応えがあった。ラリーの描写もテニスファンにはたまらない内容。ウィンブルドンを舞台にした犯罪がいつ解決するのか、ラストはハラハラド...続きを読む
  • ウィンブルドン
    1977年発表、プロスポーツを題材としたサスペンス小説の名編。テニスの国際大会「ウィンブルドン」を舞台に犯罪の顚末を描くのだが、本作がメインに据えているのは、若き天才テニス・プレイヤー二人が切磋琢磨し、頂点へと上り詰めていく過程だ。
    豪快且つ正攻法のプレイで魅了するオーストラリアの俊英ゲイリー・キン...続きを読む
  • ウィンブルドン
    名作。
    前半はキングとラスタスの蜜月…友情?(笑)
    後半がほぼ二人の1試合のみと云う大胆な構成。
    邦訳小説の中でも、読み難い部類かも知れないと思いました。無駄な説明を削いでおきながら、機知にとんだ文章で、ささーっと読み進めてしまうと、誰の台詞だったか覚束無くなったり、急に場面が変わっていたり。
    しか...続きを読む
  • ウィンブルドン
    ウィンブルドン決勝戦の緊迫した様子が、選手の心理状況に至るまで細かく綴られている。
    しかもこの試合は普通じゃない。裏では殺人の脅迫が仕掛けられている。それを知っているのはほんの一部の関係者と、一方の選手のみ。
    何てスゴイ試合!ていうか。。。
    読みながら感じたのは、テニスって、一流の選手の試合となると...続きを読む