ケルスティン・ギアの一覧

「ケルスティン・ギア」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/10/26更新

ユーザーレビュー

  • 黄色の扉は永遠の階 第三の夢の書
    三冊目までほぼ一気読み。シークレーシーが誰なんだかという謎を早く解きたかったから。それにヘンリーとちゃんと幸せになってほしかった。読んでる私まですっかりオトメ。
    随所にクスッと笑えるネタも満載。

    こんな読書体験も貴重です。
    常日頃読んでいる本と真逆(?)な可愛すぎるLOVEファンタジー。
  • 緑の扉は夢の入口 第一の夢の書
    明るくポップでミステリアスな、女の子のための女の子による女の子のファンタジー!
    と、手放しで褒められないのがこのケルスティン・ギア。

    容赦なく女の子の痛いところやキュンどころを突いてきます。
    これも3冊。早く読み終えたい!
  • 比類なき翠玉 下
    時間旅行者の系譜第三作・下巻

    最後の最後まで読んで、ええーっ、と声を出してしまった。あの人がグウェンドリンの弟なの? それってあり? ……ありなんでしょうね。ただ、ある人物を救えたのなら、おじいちゃんも救えるのでは……? と思ってしまったけど、それを言ったらキリがないよね。なにより、おじいちゃんが...続きを読む
  • 比類なき翠玉 上
    時間旅行者の系譜第三作・上巻

    二巻まで読んでハマって、早く三巻を読みたい読みたいと言いつつ、なんだかんだで手にするまで半年くらい空いてしまった……(反省)。

    マーガレット・ティルニーもまたいい味出してるなあ。わたしの中のイメージは『ハリー・ポッター』のマクゴナガル先生だった。
  • 青玉は光り輝く
    時間旅行者の系譜第二作

    今作から登場のセメリウス、モントローズ卿(おじいちゃん)の存在が物語をさらに面白くしている。

    相変わらず主人公目線だとシャーロットがすごくいけすかない奴に見えるけど、彼女のこれまでの人生を思うと、可哀そうな気もしてくる。(だからといって嘘を言っちゃあだめですよ!)
    グウェ...続きを読む