山本有三の一覧

「山本有三」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/09/20更新

ユーザーレビュー

  • 路傍の石
    働かないで家にも滅多に帰ってこず、吾一の貯めたわずかばかりの貯金さえ使い込んでしまうような父。生活のために内職をして体をこわし早くに亡くなってしまう母。吾一は奉公先を飛び出し東京で一人なんとか生きていく。子供ながらにその強さには感心する。次野先生の「吾一」とは「われひとり」この世にたった一人の大切な...続きを読む
  • 路傍の石
    本の内容はあえて省く。この本の書かれた時代が偶然にせよ、完結にまでいたらせなかったことが非常に残念ではある。主人公が厳しい境遇にありながらたくましく生きていくことは素晴らしいことであるが、自分の乏しい経験からするともはや時代遅れと感じている。
    20年以上も前になるが、自分がいた会社で統括部長がその年...続きを読む
  • 路傍の石
    いわゆる成長小説です。どんぞこの状況下で生きてきた少年の成長を描いた作品。すごくおもしろかったのですが、悲しいことに未完。理由は戦時中の校閲、戦後の校閲など言論の自由への制約から、書くことが出来なかったため。戦後再開をするのですが、もう筆者には「書けなかった」ということです。すごく残念です。
    人一...続きを読む
  • 路傍の石
    たった一人の自分を

    たった一度の人生を

    人間、本当に活かさなかったら

    生きてる意味なんてないじゃないか。
  • 路傍の石
    子供の頃、恐らく読んだことのある名作ですが、
    大人になった今、改めて読みました。
    一気に読み切りました。
    この作品って未完だったのですね。
    勉学に励みたくても貧乏のため、奉公にでなくてはならなくてはならなかった主人公の吾一。
    彼のひたむきで正直な姿に時代は昔のものですが、作品としては今でも素晴らしい...続きを読む