ヴィルヘルム・グレンベックの一覧

「ヴィルヘルム・グレンベック」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2014/10/24更新

ユーザーレビュー

  • 北欧神話と伝説
    読みやすい北欧神話。
    ほぼ小説的な感覚で読めます。
    ただ、内容を整理しながら読むのはちょっと大変なので
    何か副読本があった方がいいかな?と。
  • 北欧神話と伝説
    久しく絶版になっていた新潮社版をずいぶん昔に買いました。
    学術文庫で復刊されたのは実にめでたいです。
    当時は北欧神話の本って本当に少なくて、これと新潮社のエッダとか、あとはギリシャ神話と併録された小学生向けみたいなのぐらいしか地方では手に入りませんでした。
    内容はややクセがあるというか、親しまれてい...続きを読む
  • 北欧神話と伝説
    随分前に新潮社から出版されて、久しく廃版になっていたものが講談社の学術文庫として新装復刊したようです。
    ゲルマンの思想のルーツであり、キリスト教以前の神々や英雄が語られる「エッダ」や「サガ」の世界を解説する入門書です。

    この北欧のゲルマン思想に影響されている物語は数知れず、特にファンタジーがお好き...続きを読む
  • 北欧神話と伝説
    エッダやサガといった原典の現代語訳ではなく、現代の読者向けのリライト作品。なので、基本的に論理に撞着をきたさない範囲で書かれており、わかりやすくはある。神話と英雄伝説編の二部構成でエッダを原典とした話が多いが、読んだことのない話が多く内容的にはかなり充実している。しかし、訳者がこの人なので予想通りと...続きを読む
  • 北欧神話と伝説
    西田幾多郎哲学論集を再読して疲弊した脳みそを休めるために、これを読んだ。
    北欧神話と言うが、解説によるとこれは広義のゲルマン神話の一部で、ゲルマンが共有していた神話・伝説が北欧で若干の変容を遂げたものだということだ。
    なるほど、伝説の人物達はまるでちょっとスポーツするかのような感覚で「ヴァイキング」...続きを読む