「トム佐藤」おすすめ作品一覧

「トム佐藤」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2011/12/28更新

ユーザーレビュー

  • マイクロソフト戦記―世界標準の作られ方―
    懐かしのMSXや初期のWindowsを巡るマーケティングの裏話、2009年1月の発売は、20年を経過して今だから言えるとして書いたと思われます。私もWindowsはVer1.0αから開発を行っていたり、とあるプロジェクトではMSXを使ったシステムも並行して動いていたり、お会いした人なども登場している...続きを読む
  • マイクロソフト戦記―世界標準の作られ方―
    稀に見る抜群に面白いIT業界黎明期の作品です。

    非常にスリリングだったことと、歴史を一度振り返ることで未来を見通す自身を持ちました。

    事実を積み上げただけでそこにドラマがある人たちの生き様を伝説というんじゃないかなあと思いました。

    ティッピングポイントとベンサムで整理をしたところも面白買ったで...続きを読む
  • マイクロソフト戦記―世界標準の作られ方―
    立ち上げ時期のマイクロソフト日本法人を描く回想録。MSXのデファクト化の失敗から、Windowsの立ち上げまでを、プロダクトマネージャーやマーケティング担当の立場で関わっていたトム佐藤氏が、怒涛のごとく駆け抜けている。何と言うか、はちゃめちゃで面白い。デファクトの作られ方と言うのも、時代によって変わ...続きを読む
  • マイクロソフト戦記―世界標準の作られ方―
    [ 内容 ]
    炸裂する癇癪、飛び交う怒号、喧嘩腰のビジネス―一九八〇年代後半から九〇年代初頭、IT業界のグローバルスタンダードをめぐって歴史的な戦いがあった。
    破綻したマイクロソフトとアスキーの共同戦線、撤退してゆくPCメーカーとソフトメーカー、次々現われる新規格…幾多の難局を乗りこえ、ウィンドウズ...続きを読む
  • マイクロソフト戦記―世界標準の作られ方―
    小学生の頃、廻りがファミコンを買う中、お金を貯めてMSXを買いました。当時はMSXマガジンなるものを購入して、子供ながらに楽しんでおりました。パソコン草創期からマイクロソフトがいかにしてデファクトOSになったかを、ものすごい人間模様を含めて書かれています。