寺西重郎の一覧

「寺西重郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/10/11更新

ユーザーレビュー

  • 日本型資本主義 その精神の源
    正座して熟読すべき一冊。鎌倉新仏教に端を発する易行化をキーワードに、マックスウェーバーを意識しつつ、日本における資本主義発展の仕組みが語られます。海運・鉄道といったインフラ整備や、特に近年の金融システムにも言及があるのは嬉しいところ。最後に少し出てきますが、同様の文脈で中国とかも考えてみると面白そう...続きを読む
  • 日本型資本主義 その精神の源
    Ⅿ・ウェーバーの「プロ倫」は既に100年前。中国・韓国などアジア諸国の急激な経済発展は、日本だけがその例外でなくなってきた。その社会学を見直しが必要な場面になっているのでは…。この宣言から始まるこの論文は「プロ倫」の向こうを張って新しい定式を打ち立てようとしている壮大な意気込みを感じる。著者は日本型...続きを読む
  • 日本型資本主義 その精神の源
    よく考えれば、至極当然のことであるが、資本主義にも国ごとの特色がある。日本において、明治の近代化以降の資本主義の進展は事実として受け入れられているが、実はそれ以前にも、資本主義精神が根付いていたということに、目から鱗が落ちた。日本型といったときに、経営活動の基盤として語られる「日本的経営」として特徴...続きを読む
  • 日本型資本主義 その精神の源
    日本と西洋の資本主義の違いの根本にあるのは宗教的基礎であるのではという論。
    マックスウェーバーが唱えたプロテスタントの精神に比較した場合、日本は大乗仏教の易行化という革新からそれぞれの職業においての求道や身近な他者といった概念が生まれ、それが社会的分業とそれに適合する道徳律を発展させたと。そしてそれ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!