倉野憲比古の一覧

「倉野憲比古」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/07/31更新

ユーザーレビュー

  • スノウブラインド
    ミステリーとして読んで、読み終わって驚きました。
    ミステリーの分野でここまで心理学の要素を取り入れられているとは。
    心理学を学び始め、トラウマを勉強したために魔女裁判にも興味があったので、この本を書くのにどれだけ努力されたのかと思うと並々ならないものであったのだろうと思う。
    これがデビュー作と聞き、...続きを読む
  • 墓地裏の家
    雑司ヶ谷霊園の裏に教会を構える神霊壽血教。教主の妻からの相談を受け心理学を学ぶ夷戸武比古は教会を訪れる。観覧車に憑かれた教主に、密室で変死するその娘。吸血神ストリゴイを崇拝する小さな宗教団体を巡る謎に精神分析学で挑む。と、これまた本格を匂わしているが、その実は変格ミステリ。前作に続き、推理合戦と衒学...続きを読む
  • 墓地裏の家
    吸血鬼・ストリゴイを信奉する異端の宗教、というだけでいかにもおどろおどろしたホラー的な雰囲気が漂うホラーミステリ。怪奇趣味や心理学の薀蓄もいろいろあって、好きな人にはとっても楽しめます。ちょくちょくホラー映画ネタが登場するのも、好きな人にとっては嬉しいところ。
    怪奇趣味のわりに、事件は案外地味? そ...続きを読む
  • スノウブラインド
    雪に閉ざされた館、当然のように起こる殺人、精神論、魔女学、そして悪魔憑き……なんてまあ私好みの要素が揃っていることか! 静まりかえった冬の夜中にとっくりと読みふけりたい一冊です。
    途中でこれはいったいどういう物語になっちゃうのか危惧しましたが。読み終わってみると、文句はなしにミステリでした。示唆的な...続きを読む
  • スノウブラインド
    「葉桜の季節に君を想うということ」「イニシエーション・ラブ」の次はこれを読め!
    と帯に書いてあったので読んでみたんですが、その2作品とは全然違うと思いました。
    結末も驚天動地とまでは言いがたく…(途中から何でもアリになってしまって、もはやどんな展開も驚かなくなる)

    ただし、帯にある2作品の系統の本...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!