「浦上俊司」おすすめ作品一覧

「浦上俊司」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2012/03/16更新

ユーザーレビュー

  • 仕事がデキると言われている人が必ずおさえている新規開拓営業の鉄則
    小笠原さんから借りた一冊。この本も営業の本ですが、なかなか工夫があっておもしろかったです。特にお客さまだからということではなく、職場の仲間とだって友人とだってコミュニケーションは気持ちのいいものでありたいし、それに意味があったなと思えるならそれに越したことはない。そういう意味で、雑談の「裏木戸にたて...続きを読む
  • 仕事がデキると言われている人が必ずおさえている新規開拓営業の鉄則
    結構面白い。
    内容もシンプル。
    新規班になった人にはかなりお勧め。


    2回目、デビュー時に読んだ。


    1訪問1資料
    不都合な点を聞き出す
    量が質を生む、3年は質より量を追う
    343の法則、ゲーム感覚で行う
    売るのではなく、伝える
    BUT法でなく、AND法、小さなYESを積み重ねる。
  • ストーリーでよくわかる! 新規開拓営業の鉄則
    漫画が時々入ってくるのすぐ読めた。
    1章の教訓で「ダメ営業マンの条件を踏むなかれ」
    ・会社を出るとき、ため息をついていないか?
    ・断られた時、お客様を逆恨みしていないか?
    ・一喜一憂していないか?
    ・見切りが早すぎないか?
    ・キーマンを役職やイメージでえらんでいないか?
    ・「早く帰りたい」精神で営業...続きを読む
  • 仕事がデキると言われている人が必ずおさえている新規開拓営業の鉄則
    デキる営業マンが身につけている28の鉄則。

    営業によく見かけるシーンを例にとったTIPS・心構え集。
    言っていることはどれも至極もっともで、新たに実践に移したいと思った箇所も複数あった。

    ただ類書と比べて「ここが凄い!」という点は個人的には見当たらなかったため、既にお気に入り、効果が実感できてい...続きを読む
  • 仕事がデキると言われている人が必ずおさえている新規開拓営業の鉄則
    基本的には法人営業の人向け
    個人宅への飛び込み営業にはそこまで参考になることはなかったけど
    営業の心構えやモチベーションなど、ためになる話、仕事がおもしろくなりそうな話はあったので、まず読んでみるのにいいと思う。
    読みやすいので数時間くらいで読めると思う。