福田政雄の一覧

「福田政雄」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/07/11更新

ユーザーレビュー

  • 殿がくる!
    続編が読みたくなる一品。
    近未来ということが後に発覚、もう少し早い段階で出すべきだったと思う。
    菊池まなみの存在が中途半端。
    政治・経済、幸若舞などに関する内容はわかりやすい。
    殿との別れには目頭が熱くなり、殿の舞のシーンは心が震えた。
    ただ、文章に違和感があるのが残念。リズム、テンポがどことなく不...続きを読む
  • 殿がくる! ~京都は燃えているか~
    今度の敵は坂本竜馬!?殿がくる!第二弾!!

    前半が辛辣でしたが、後半から著者の政経に対する分析で一気に盛り上がりました。

    新キャラの委員長が必要なかったように思います。新一郎に好意を寄せているわけではないのにツンツンで、ただの嫌味なキャラにしか見えませんでした。

    もう少し新一郎や理緒たちの明る...続きを読む
  • 殿がくる!
    タイトル買いでした。現代日本に織田信長がトリップしてきたら、というタイトルそのまんまの本なんですが…。主人公、本編中ほとんどの場面でおろおろして気の弱さをここぞとばかりに披露してるんですが、それでもやる時はびしっときめてくれるので安心して読んでられます。本当に色んな意味で何の心配もなく読める、すかっ...続きを読む
  • 殿がくる! ~京都は燃えているか~
    一応過去に戻っていた信長様が、今度はお供に小姓の蘭丸を連れて再登場。個人的には前よりこちらのほうが好みです。「現代に信長がトリップしてきた」ということに対して前巻以上に政府が真面目に取り組んでいて妙に笑える。戦う乙女、内藤さんが可愛らしい。
  • 殿がくる!
    ごくごく普通の平凡なお人よし高校生・丹羽新一郎がいつものようにカツアゲされているところを助けたのは、なんと織田信長!
    新一郎の先祖・丹羽長秀が信長の家臣だったことから、新一郎の両親・親戚は信長を大歓迎。信長も気分を良くして、新一郎宅にしばらくやっかいになることに――・・・。
    400年の時を越えて現代...続きを読む