早坂茂三の一覧

「早坂茂三」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/03/29更新

ユーザーレビュー

  • 田中角栄 頂点をきわめた男の物語 オヤジとわたし
    【感想】
    田中角栄という名前だけで、どういった人間なのか全く知らない世代の自分からして、
    「かつての日本にはこんなにもカッコイイ首相がいたのか!」と読んでいて心から思える本。
    豪放磊落だが細かい気配りもでき、バイタリティに溢れ、頭の回転が速く、現実を直視しつつその解決法を編み出す。
    徹底的なリアリズ...続きを読む
  • 田中角栄とその時代 駕籠に乗る人 担ぐ人
    角栄のエピソードを通じて、政治家の考え方、もっと言えば人心掌握術がうかがえる本。政界ではどういう人物が生き残るのか、のし上がるのかがよく分かります。
    たとえば、田舎の老婆に声をかけて~からの、隣にいた奥様はきっとこう思ってたろう・・・っていう推測は、もはや小説家の想像力だな、って思いました笑(私も女...続きを読む
  • 田中角栄とその時代 駕籠に乗る人 担ぐ人
    田中角栄先生が如何にして大衆の心をわしづかみにしたのか、自民党内部での権力闘争、帝王学を身に付ける条件...。元秘書の早坂茂三さんが田中角栄先生について詳細に書いたノンフィクションの傑作!

    対人関係で悩んでおられる方々にとっても参考になるに違いない。少なくとも小生には参考になった、あとは実践するの...続きを読む
  • 田中角栄とその時代 駕籠に乗る人 担ぐ人
    田中角栄、竹下登が何故、首相の座につけたか?そして、何故、福田や宮沢は、首相の座に乗り遅れたのか?こうしたことの理由が、田中角栄秘書の早坂氏ならではの視点から述懐されている。
  • 田中角栄回想録
    田中角栄の側近中の側近、である早坂元秘書による「聞き書きや伝聞によらない角栄語録」を読むことができます。

    戦争に負けた国が、「占領中は憲法を作ることができない」とする策をとることを、最近になって知りましたが、角栄さんは当たり前のようにそのことを語っています。

    「地方」をその地方のあり方を守りなが...続きを読む

特集