「実吉捷郎」おすすめ作品一覧

「実吉捷郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/04/25更新

ユーザーレビュー

  • 車輪の下
    自分の心の動きと向き合い続け、人の心も痛いほどわかる思春期の少年の話。

    あぁ、学校にいた彼はこう思っていたんだなぁとか、リアリティをもって読める。

    こんなに自覚があることは羨ましいと思いつつ、苦しいだろうとも思う。

    ある意味最後はハッピーエンドだったのかもしれない。
  • 車輪の下
    ヘルマン・ヘッセの代表作で、世界的名作文学作品。
    あまりにも切ない青春小説だった。とにかく、情景描写が美しく様々な場面が映像として目に浮かぶ。
    天才少年であるがゆえの孤独や挫折が描かれており、現代の社会に置きかえてもそのまま通じる内容。
    少年の繊細な精神や、寄宿学校で描かれる恋愛にも似た友情や、初恋...続きを読む
  • 車輪の下
    若い人に読んでもらいたい。お前も若いだろって言われるだろうけど、なんていうかな、気持ちの若い人に読んでもらいたい。夢と希望を沢山抱えて色んな将来を描いていて、かつ漠然とした不安のようなものも感じている、そんな若者に読んでもらいたい。自分に子どもができたら絶対に読ませたいな。中学生頃に。あーでも絶望さ...続きを読む
  • 車輪の下
    「良い子」で育った人。「真面目」に生きてきたのに、なんだか人生うまくいかない人。
    この本は読まない方がいいです。
    共感できるがゆえに辛くなると思います。

    また、「近代」について考えさせられます。
    権力としての学校、教育が、青少年にどのような作用を及ぼすのか想像することができます。
    なにが少年を殺し...続きを読む
  • 車輪の下
    車に轢かれて車輪の下に埋もれたハンス。
    彼は不慮の事故に見舞われた哀れな犠牲者ではない。轢かれるべくして轢かれてしまったのだ。

    正しい行動をしていれば事前にブレーキをかけられた可能性は十二分にあったと思う。その行動とは果たして何か。どこの場面で、どのようにすればよかったのか。議論が尽きることは永遠...続きを読む

特集