星川淳の一覧

「星川淳」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/08/14更新

ユーザーレビュー

  • 一万年の旅路
    途方もない時間をかけて、途方もない距離を旅してきた民族。
    彼らの根底にある「変わり続ける」という姿勢は、目まぐるしく状況が変わる現代において我々にも求められるものではないだろうか。

    変化すること。
    学びを継承すること。
    階層を作らず民族全体で一体となること。

    彼らが変化し続けた背景には、美しい物...続きを読む
  • 一万年の旅路
    なんにもない、
    道路もない、鉄道もない、船もない、
    水道もない、電気もない、ガスもない
    なんにもない
    一万年前に 人類はいた

    固有名詞で語られる有名人などいない
    それでも、その知恵ある人々の風貌が
    まざまざと浮かんでくる
    具体的な地名も全く出てこない
    それでも、一万年前はきっとこんな
    地形、風景だ...続きを読む
  • 一万年の旅路
    これは過去最大級におもしろい本だった。
    科学的ではない、トンデモ本だという指摘をする人もいるだろうが野暮というもの。
    神話とは客観性を別にして人の営みにおいて大事なことことが物語として残されたものだとおもう。
    アフリカでうまれて紅海にすみ、ユーラシアを横断して日本近辺にすみ、ベーリング海峡をわたりア...続きを読む
  • 一万年の旅路
    あまりにも詳細な米国のネイティブ(インディアン)の1万年前からの口承を文章化した記録。読後も本当か、創作かと半信半疑。凄い記録を私たちは発見したのかも知れない。しかし、創作だとすればこれまた凄いファンタジー!物語は時代も場所も分らない。恐らく1万年前一族<海辺の道を渡った民」の物語は始まる。ベーリン...続きを読む
  • 一万年の旅路
    7万年から1万年前は、住む場所として、世界が寒いときは、山の懐深くの洞窟が暖かくてありがたがられ、世界が暖かくなるとひらけた浜が好まれた。一族は物見を方々に飛ばし、まわりの世界の有様を知り、他の部族、種族がどう過ごしているのかを理解していた。当時の人類は二種類に分けられ、前者は一ヶ所に定住し、イノシ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!