「村田次郎」おすすめ作品一覧

【村田次郎】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/04/04更新

ユーザーレビュー

  • 「余剰次元」と逆二乗則の破れ 我々の世界は本当に三次元か?
    重力やクーロン力の強さが距離の逆二乗に比例するというのはよく知られた教科書的な事実であると思っていたのだが、その逆二乗則が0.1mm程度の範囲では破れている可能性があるというので驚きである。
    確かに、それを検証した人はいままでいなかったかもしれない。それは技術的な難しさもさることながら、逆二乗則であ...続きを読む
  • 「余剰次元」と逆二乗則の破れ 我々の世界は本当に三次元か?
    久々に物理の本読んだ。
    前半読んだら、あとはサクサクと。
    なかなかエキサイティングでした。
    「理論屋はいつだって実験精度の1桁下に新現象を予言してくる習性を持つことは、既に気づいていたのだが。」
    わらえる。
  • 「余剰次元」と逆二乗則の破れ 我々の世界は本当に三次元か?
    マイクロメートルという肉眼でも見えるサイズの余剰次元についての提案は「プランク長さ」の話ばかりのこの分野で、とても魅力的に思えました。
  • 「余剰次元」と逆二乗則の破れ 我々の世界は本当に三次元か?
     実験屋さんの書いたADD模型の解説本。空間は三次元でなく,1mm程度より小さい領域では五次元かもしれないという話。洗練されていく近距離重力の実験でそれが検証できるかも?
     そもそも重力や電気力などの力の大きさが,距離の二乗に反比例するという逆二乗則は,空間が三次元であることから説明できる。質量や電...続きを読む
  • 「余剰次元」と逆二乗則の破れ 我々の世界は本当に三次元か?
    重力は余剰次元を証明する鍵となるのか。この世が三次元空間ではない事は、超弦理論などでも予想されている事だが、重力という非常にやっかいなものに挑戦する様子が、本書では生き生きと描かれている。
    著者は、気鋭の実験物理学者であり、非常に面白いストーリーで話が展開され、難しいながらもわかりやすく書かれている...続きを読む

特集