川本耕次の一覧

「川本耕次」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/01/24更新

ユーザーレビュー

  • ポルノ雑誌の昭和史
    吾妻ひでおが「少女アリス」で連載していたとは・・・。自販機の規格による制限など、流通面のネタも面白い。
  • ポルノ雑誌の昭和史
    川本耕次氏が身を置いてきた昭和(戦後)のエロ本出版業界の歴史をまとめたもの。同じような内容が繰り返されたり、文章が独特でじゃっかん違和感を持ちながらも、普通には見ることの出来ない世界の事が書かれており、面白かったです(臨場感があるとも言えますが…)。戦後の風俗史としても、大衆に一番身近だったものなの...続きを読む
  • ポルノ雑誌の昭和史
    およそ資料などが残らない業界なので、そこで働いていた筆者による貴重な記録。一般的な認識とは異なり、ヤクザ屋さんは儲からないからビニ本には手を出さない、ヤクザ絡みの裏本はどこで出しているのだかまったくわからないが、ビニ本は奥付に責任者の住所氏名まで出しているのだから、取り締まってくださいと言っているよ...続きを読む
  • ポルノ雑誌の昭和史
    いわゆる
    「エロ本」と呼ばれるポルノ雑誌。
    大人は眉をひそめたり、欲望を抱えて、子供は好奇心丸出しで手に取るもの。
    今やネットにお株を奪われたかも知れないが、手を替え品を替え、きっとこの手の本は生き残るに違いない。

    読み始めるとすぐに違和感を感じた。
    それは、「だ・である」調と「です・ます」調が混...続きを読む
  • ポルノ雑誌の昭和史
    寺山修司はアジテーター、だとか。
    戦後からの流れ出説明されているが、自販機、ビニ本あたりが、メインであると思われた。カストリ⇒通販⇒自販機本(=B5版64ページ)。
    アリス出版!(まだあるのかな?)吾妻ひでお。
    ビニ本(透けパン)
    宇宙企画!!!(当時は感動しました!)