「天野英」おすすめ作品一覧

「天野英」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/03/18更新

ユーザーレビュー

  • 百鬼夜行の少年 鏡ヶ原遺聞 壱ノ巻
    表紙に一目惚れで読んでみたけど.....とっても面白かった!
    キャラが個性豊かで、楽しそうだった。
    秀一羨ましい.....。
    ジンさんや、妖怪たちにかこまれて楽しく過ごしてみたい(願望)
    ファンタジックな本はお久しぶりだったから、なおさら楽しく読めた。
    続きを早く読みたいなっ!!!
  • 夢の上4 サウガ城の六騎将
    話の聞き手が次の主人公になるというリレー形式が実に面白かったです。 個人的にはアーディンのお話が好きです。タイトルを見てもしや…?と思ったのですが、そこはあくまでスピンオフということで、予想外の展開でした。 本編後の様子も伺い知ることができて、また違った一面を楽しむことができました。
  • 夢の上3 光輝晶・闇輝晶
    最終巻は二人の王子の物語。光と闇、どちらも切なく儚くて、シリーズ中で特に読み進めるのが辛かったです。 「夢の上」このタイトルの意味がわかった時には、思わず涙ぐんでしまいました。 緻密に練られた設定と駆けるような文章に圧倒され、驚かされた、素敵な物語でした。
  • 夢の上1 翠輝晶・蒼輝晶
    美しさの中に儚さや切なさが潜む物語に、ページをめくる手が次第に重くなっていった。それでも読むことを辞められなかったのは読みやすい淡々とした文章と、物語の結末を見届けたかったから。続き2冊、怖くもあり楽しみでもあります。
  • 夢の上2 紅輝晶・黄輝晶
    読み終えて、まさかの展開にしばし放心状態になってしまいました。一つ一つの物語が点と点をつなぎ合わせるように繋がっていく様子は、巧みであり、同時に、切なさを増幅させます。次の最終巻も楽しみです。

特集