森政稔の一覧

「森政稔」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/10/30更新

ユーザーレビュー

  • 迷走する民主主義
    2度の政権交代を経て、自民党が政権に復帰しが、過去の自民党政治に戻ったとは必ずしもいえない。こうした政治の流れは、民主主義思想の視点からはどのように評価されるか。選挙で多数の支持を得たからといって、数に頼って自らの政策を強行するのは民主主義だと言えるのか、民主主義によっても奪えないような高次の規範は...続きを読む
  • 変貌する民主主義
    新書だけど盛りだくさんだった!
    民主主義周辺の思想、”主義”の絡み合いを俯瞰できる。
    付録で多元主義の系譜あり。
  • 変貌する民主主義
    広く現代デモクラシーについて述べていて、わかりやすくて勉強になる
    章立てもうまい

    確かに突っ込んではないし、ありきたりっちゃありきたりなのかも知れないけど、新書でここまでうまくまとまっているものはなかなかないと思います
  • 変貌する民主主義
    今学期授業を受けている先生の著書。一般向けの本はこれが初めてらしい・・・w

    民主主義とそれをとりまく現代の状況をわかりやすく解説してくれている。いろんな方向から頭を殴られたような読後感を得た。政治思想の入口の一つとしてはいい本なのではないかと思う。

    最終章のポピュリズムやガバナンスに関する部...続きを読む
  • 戦後「社会科学」の思想 丸山眞男から新保守主義まで
    東大の講義ノートをもとに、戦後の社会科学を通観する。教科書的に幅広く網羅する関係上どうしても雑然とした印象が強くなってしまうが、それなりに時代を区切って思想を特徴付けることには成功している。

    まずは丸山眞男からの出発となるが、丸山についてはかなり公平な評価と言えるだろう。丸山の思想は現代にも通用す...続きを読む