「柳家三三」おすすめ作品一覧

  • 作者名:柳家三三(ヤナギヤサンザ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1974年07月04日
  • 出身地:日本 / 神奈川県
  • 職業:落語家

落語漫画『どうらく息子』の落語監修を務める。

作品一覧

2016/12/22更新

ユーザーレビュー

  • どうらく息子

    前座にあがってます。
    寄席に出入りするようになり、しくじりの毎日。そのエピソードが内容の中心ですが、そのしくじりの数々、身につまされます。
    しくじりのなかで、自分を焼き直して、変えていくプロセス。今の自分に何よりも必要なことのような気がして、ジリジリとヤスリで肝をこすられるようです。

    Posted by ブクログ

  • どうらく息子

    落語家さんの成長ストーリー。わたしは『昭和元禄 落語心中』派。だんなさんはこっち派。
    大人がイチから修行する姿に引き込まれながらも辛くなる。
    新刊が出ると必ず読むが、その後は馬鹿みたいに明るい別の物語を読んででリハビリすることも。

    Posted by ブクログ

  • どうらく息子

    天狗裁き、親子酒、たちきり、など。二つ目になった銅ら治と前座(二つ目直前)あや音の恋模様だけでなく、兄弟子志ん銅の成長、ダメダメだった境地から復活した夢六師匠のさらなる飛躍、銅ら治を落語の道に導いた植草さんが主催する最後の落語会など、登場人物たちも人情噺してるところが魅力。

    Posted by ブクログ