十市社の一覧

「十市社」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/07/18更新

ユーザーレビュー

  • 滑らかな虹 上

    相変わらず透明感のある精緻な筆致と、そこから覗く不穏さがたまらない。クラス内に紛れたいじめっ子への対策として柿崎という教師が仕掛けた『ニンテイ』という謎のゲームの設定が面白く、小学五年生が各々考えた能力を使って学校生活を送るさまはラノベのようなワクワク感に満ちている。まるで能力バトルのようではある...続きを読む
  • ゴースト≠ノイズ(リダクション)
    主人公とヒロインのありがちとも思える設定から、それぞれに予想の斜め上をいく展開で意表を突いてくる。青春の痛みを新たなかたちで描き出して、最後には晴れやかな世界が広がる。
  • ゴースト≠ノイズ(リダクション)
    謎を核として展開するミステリではなく、そうなるだろうという予測を気持ちの良いくらいひっくり返す展開で魅せるミステリ。そして、それが一度だけではなく、何度も何度もなのだ。各エピソードだけで短編が書けるのではというネタを惜しげもなく注ぎ込み幽霊と呼ばれる主人公の男子高生と彼が見えて話しかける女子高生の2...続きを読む
  • yom yom vol.50(2018年6月号)[雑誌]

    レトロゲームファクトリー

    意外に早く最終回になり、少し物足りなさを感じましたが、ハッピーエンドで気持ちよく読み終える事ができました。私は、論理的に説明されないと心が動かない方ですが、三段論法で人の心は動かないと言うのも確かです。(しかし、昨今のおれおれ詐欺は、人の感情に訴えかける犯罪ですから、また厄介です。) 最終回は、...続きを読む
  • yom yom vol.49(2018年4月号)[雑誌]

    レトロゲームファクトリー第2回

    前号に引き続き、「レトロゲームファクトリー」を読みました。これから一話完結のスタイルで進んで行くのでしょうか。今回は、各登場人物の背景的説明も徐々にされて来て、思いがけないコーギーの生い立ちも含まれていました。数日前には、レトロゲーム機の復刻の新聞記事もありましたので、40、50代である私達の世...続きを読む