このエントリーをはてなブックマークに追加

わが生涯に一片のコマあり

これは、漫画家が血肉を削って描いた「一コマ」にフォーカスしたインタビュー企画だ!
漫画家・田中圭一が、激動の漫画界を生き抜く勇者の元へ赴き、その創作スピリッツを訊きまくる!
さあ!小さな一コマが生み出す大きなドラマを、刮目して読め。
[インタビュー公開日:2014/03/28]

今回のゲスト新條まゆ 先生

新條まゆ

長崎県出身。
1994年、小学館『少女コミック』増刊号にて『あなたの色に染まりたい』でデビュー。
代表作に『快感❤フレーズ』『覇王❤愛人』『ラブセレブ』『愛を歌うより俺に溺れろ!』などがある。
2007年、小学館よりフリーとなり、集英社『別冊マーガレット』、角川書店『月刊Asuka』『月刊ガンダムエース』など、活躍の場を広げている。

今回の「一コマ」作品 『快感❤フレーズ』

1997年~2000年に『少女コミック』(小学館)で連載された新條まゆの代表作。
国語が得意な女子高生・雪村愛音と、ロックバンド・ルシファー(後にリュシフェル)のヴォーカリスト・大河内咲也の、激流のような愛の日々を描いた芸能界ドラマ。
それまでの少女マンガでは描かれなかった過激な性描写が話題になり、その後の過激路線少女マンガの始祖となる。

インタビュアー:田中圭一(たなかけいいち) 1962年5月4日生まれ。大阪府出身。血液型A型。
手塚治虫タッチのパロディー漫画『神罰』がヒット。著名作家の絵柄をまねたシモネタギャグを得意とする。また、デビュー当時からサラリーマンを兼業する「二足のわらじマンガ家」としても有名。現在は株式会社BookLiveに勤務。

田中圭一の作品一覧へ

インタビューインデックス

『快感♥フレーズ』ほか、新條まゆの人気作品!

BookLive! 特別インタビュー