【無料試読】裏社会・バイオレンス特集

このエントリーをはてなブックマークに追加

町山智浩、冲方丁、ONEと超一流の才能が絶賛する最新型ハードボイルドキリングアクション! 『バイオレンスアクション』第3巻が10/12(木)に配信開始!『バイオレンスアクション』ほか、「裏社会・バイオレンス」マンガが最大3巻 無料試し読み!【10/12(木)~10/31(火)】
今なら「小学館 漫フェス2017秋」クーポンで20%OFF!
※セーフサーチを中またはOFFにすると、すべての作品が表示されます。

  • このキャンペーンは終了しました 開催中の特集一覧へ

『バイオレンスアクション』第3巻

無料試し読み

●ユーザーレビュー ピックアップ
キュートでちょっとおばかな少女が跳んで跳ねて撃って刺して切り裂いて蹴飛ばして、スラップスティックに暴れ回るタイトル通りのバイオレンスアクション。
命のとりあいをするシリアスなシーンでもキャラクターのちょっとズレたやりとりやコミカルなかけあいが笑いを生み出す、B級ノリがたまらない。いい意味で娯楽に徹したユルさが好ましい。
基本一話完結の連作集で、その都度ケイが依頼者の頼みを受けて護衛したり抹殺にむかうのだが、カワイイ顔してほぼ無敵。
それでいて妙に涙もろく露骨な作り話を真に受けたり、本来ターゲットだったはずの男性を「先生」と呼んで個人授業を受けたり、バイオレンスアクションに身を投じてる時のターミネーターぶりとは正反対のフツウっぽさが、ともすれば裏社会メインで殺伐になりがちな話をヌルくしている。
台詞回しにも独自のセンスが光る。この台詞にこう返すの?と所々意表を突かれた。
基本ゆるふわガールなケイが時折見せる殺し屋としての鋭い眼差しにはぞくっとする。

ほどほどに肩の力を抜いて読める殺し屋エンターテイメントをおさがしなら読んで損はない。

有料版・既刊

「裏社会・バイオレンス」マンガ無料試し読み!

有料版・続巻はクーポンを使うとお得!

【クーポン対象】小学館の少年・青年マンガ人気作品