検索結果

  • 悪女に甘い口づけを ダンテ一族の伝説 III
    4.0
    ニコロ・ダンテは高級ホテルのスイートルームで、カイリーという名の女性に手渡された書類をにらみつけていた。ダンテ家のダイヤモンド鉱山は元々カイリーの亡き祖父のもので、彼女は自分にも鉱山の所有権があると主張してきたのだ。確かに書類に不備はないようだが、ニコロは直感で感じ取っていた。彼女は嘘をついている。ぼくを騙して金を取る気なのだと。案の定、ニコロがかまをかけるとカイリーは尻尾を出し、勝算がないと悟るや、そそくさ逃げだした。そして追いかけるニコロの目の前で、道に飛びだし車に轢かれてしまう。困ったことに意識を取り戻したとき、カイリーは記憶を失っていた。
  • 運命の手の中で ダンテ一族の伝説 VIII
    3.0
    ジアがコーディネートを担当するパーティに、コンスタンティンは突然現れた。音信不通となってから、19カ月と5日と8時間。初めて彼と触れ合ったとたん燃えあがった炎は、その後の歳月とともに落ち着いてきていたのに……。ジアはすでに別の相手と人生を前に向かって歩き始めていた。そんなこととは知らないコンスタンティンは彼女を抱き締め、独占欲もあらわにキスをした。燃えあがる炎に、ジアは絶望する。あんまりだわ。どうして彼は今になって戻ってきたの?■遅すぎた再会に落胆するヒロイン。けれど、引き裂かれたはずの恋人たちは“炎”にふたたび翻弄されて……。回り出した運命の歯車は、ふたりをどこへ導くのでしょうか? デイ・ラクレアの大人気シリーズ〈ダンテ一族の伝説〉、ご堪能ください!
  • ドラゴンの花嫁 ダンテ一族の伝説 VII
    3.7
    シェイラは、一家の敵であるダンテ家のパーティへ潜り込んだ。憎いダンテに一矢報いようと画策している彼女の祖母が、ダンテの男たちを調べるよう命じたのだった。ところが、シェイラに思いがけない出来事が起こる。彼女に声をかけてきた男性がふと腕に触れたとき、すさまじく熱い、体の中で火花が散るような感覚に襲われたのだ。ぱっと離れた二人は驚きの表情で見つめ合った。彼が先に口を開く。「きみも感じたのか? ぼくの“炎”を――」シェイラはわけがわからなかったが、焼けつくような疼きは消えない。ドラコと名乗った男性とともに、彼女はパーティを抜け出した。お互いのことを何も知らないまま、抗えない力に導かれるように。■人気ミニシリーズ〈ダンテ一族の伝説〉の最新作をお贈りします。今作のヒーローは竜の異名を持つドラコ。よりにもよって、彼の“炎”のお相手は、ダンテ家を敵対視している一家の令嬢でした。情熱の一夜を過ごした二人を待ち受ける、波瀾の運命とは……?
  • ひとたび触れあえば ダンテ一族の伝説 II
    -
    ダンテ家の次男マルコは、出張先でとんでもない知らせを耳にした。双子の弟ラザロが、ケイトリン・ボーンとつき合っているというのだ。ケイトリンは六週間前、ダンテ一族が営む会社に入ってきた女性だ。受付ロビーで出会った瞬間、運命を感じるほどに惹かれあったが、その後すぐ、マルコは出張のため会社を離れねばならなかった。どうやら彼女は、ロビーで会ったのがラザロだったと誤解したらしく、弟はその勘違いを利用して、ケイトリンに近づいたようだ。すぐさま帰国してラザロを責めると、弟は平然と言い返した。今夜、ケイトリンにプロポーズをするのだと。冗談じゃない。たとえ双子の弟であっても、運命の女性は渡せない。マルコは頭を必死に働かせ、ある計画を思いついた。★〈ダンテ一族の伝説〉二話目です。ダンテ一族には、運命の女性に会うと“炎”に身を包まれるという言い伝えがあります。次男のマルコも“炎”によって運命の女性とめぐりあったのですが……。★
  • フィアンセの絶対条件 ダンテ一族の伝説
    -
    突然オフィスに現れた美女カテリーナ・マロイを見た瞬間、ゲイブは強烈な欲望にとらわれた。カテリーナはゲイブが長年買い戻しを切望しているネックレスの所有者。その彼女が、祖母を安心させるため偽りの婚約者役を演じてくれれば、ひきかえにネックレスを譲ると持ちかけてきたのだ。「だったら、名実ともに婚約者になるべきだ」ゲイブはそう迫り、カテリーナの手に触れた。その瞬間、異常な熱さを感じて困惑する。まさか、これが一族に伝わる伝説の“炎”なのか? 運命の相手と出会ったときに感じるという……。ありえない! カテリーナ・マロイは亡き妻の人生を破滅させた、憎むべき相手だというのに!?■ディザイアのベテラン作家、デイ・ラクレアの人気ミニシリーズ〈ダンテ一族の伝説〉。“炎”が予言する運命の伴侶が仇敵だと知って、ヒーローがとった行動とは?

    試し読み

    フォロー
  • 雇われた婚約者 ダンテ一族の伝説 VI
    4.0
    レイフは豪華な会場で、大勢の花嫁候補たちを紹介され辟易していた。運命の相手と出会ったとき、その身を“炎”に包まれる――そんなダンテ家の伝説などレイフは信じていなかった。事故死した妻に対しても“炎”は感じなかったし、再婚する気もない。弟の入れ知恵どおり、偽りの婚約者を仕立て上げてお茶を濁そうか……。そのとき、後ろで立ち働いていたウエイトレスがトレイをひっくり返し、グラスが派手な音をたてて割れた。シャンパンが飛び散る。その場で解雇されうなだれる彼女に尋ねると、金に困っているという。レイフは気の毒に思い、彼女に婚約者役として雇いたいと申し出た。優雅な妖精のように美しい彼女と話すうち、キスしたくなったレイフがそれを実行に移した瞬間……思いもよらない感覚が二人を襲った。■『めぐり逢いの交差点』に続く、人気ミニシリーズ〈ダンテ一族の伝説〉です。結婚願望のないレイフが周囲の干渉をかわそうと雇った、偽りの婚約者ラーキン。二人が出会ったのは決して偶然ではありませんでした。ラーキンに隠された驚くべき秘密とは?

最近チェックした本