【感想・ネタバレ】なぜか話しかけたくなる人、ならない人のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

このページにはネタバレを含むレビューが表示されています

ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年05月17日

いやー、面白かった!
なるほどと思わされることが多かったし、すぐに意識したいことも多かった。

話しかける方だけど、さらになんでもないことを短時間で話しかけていこうと思った!

かなり良い、自分から周りに心を開くための自己啓発本だと思う。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年08月09日

話しかけたくなる人はトクをしている
自分から積極的に話しかけなくても自然に人が集まってきたり、良い情報を得られる人がいる。
回りに引き立ててもらったり、人生が良い方向に進んだりして、チャンスが増える。

目標
自分からガンガン話しかけなくても、人から話しかけられる人になりたい。
そんな雰囲気を身につ...続きを読むけるには何をしたらいいのだろうか?

→自分から話しかけないと話しかけられる人にはなれない。自分から話すために他人に興味を持つことが何よりも大事。

仮説
ニコニコしとく?
愚痴を言わない?
清潔感など、見た目の意識が大事な気がする。
ちょっと抜けてるところがある。
心に余裕がある。

要約

第1章
特別な人である必要はなく、むしろ普通の人の方が良い。
肯定的な言葉を使い、口調や振る舞いをゆっくり丁寧にすることを心がける。穏やかさが大事。
目を合わせると自然に会話が始まる。
毎日を前向きに楽しむことで自然に笑顔になる。
聞き上手を目指し、相手の話を聞こうという姿勢を意識する。
興味の範囲を広げると会話が弾む。
得意分野を持つと相手から信頼される。
欠点はさらけ出すと相手が入ってくる隙になる。
素の自分であるためには欠点を隠さずさらけ出そう。
相手の変化に気づき、自分にも変化を加える。

第2章
人間関係が上手くいくようなマナーを身につけている。
声掛けに対して一言ではなく、二言で返すのはマナーである。
忙しくても相手の目を見て応えるべきだし、事実にではなく、感情に共感した返答をする。
ポジティブな言葉を使って相手を褒め、かしこまり過ぎない丁寧な表現で話す。
自分の失敗談を話すことで場を和ませよう。
あたりまえのことに「ありがとう」を伝えることを意識し、他人の親切には素直に喜ぼう。
ノリの良さも、マナーの1つだ。
色を意識して見た目にも気を配るべきだ。
周りに目を向け、さりげなくフォローしよう。

第3章
「話しかけたくない」人にならないためには、自分ではなく周りに意識を向け、他の人に興味を持つことである。
周りを見渡し、自分から話しかける場数を踏むことが求められる。
表情や言葉遣い、口癖に注意して話しかけること。
人によって態度や言葉遣いを変えない。
不機嫌さを意志の力で抑え込む。
壁を作らず、様々な世代の人達とかかわって見識を広げる。
ダルそうに座ることは負のオーラを纏うことになる。
親切さとお節介の境界を見極め、マイルールを他人に押し付けない。
批判は思っていることの半分を出すよう意識し、笑顔で意見として言う。
自分に厳しくなりすぎると、近づくなオーラを発することになるので注意する。
正論を振りかざすだけでなく、相手への理解を示す。
相手にレッテル貼ったり、偏見を持ったり、疑いすぎたりしないこと。

第4章
自分に良い影響を与えてくれそうな人とのキズナを作る。
頼ることは迷惑なことではない。
信頼とは相手を信じて頼ることで作られるものなのだ。
キズナとは一緒に何かをする中で生まれるものなのだ。
笑い、共通点を共有することで、人とのキズナは深まる。こまめな声掛け、リアクションでも何でもいいので声を発することが大事。
自分のキャラとは正反対のプラスの一面を見せることも話題提供のひとつ。
場に馴染めていない人がいれば助け舟を出せるように広い視野をもつ。
お願いではなく、相談できる関係を築き、一緒に考える。
夢や目標をオープンにし、応援してくれる人を待つ。また、自分自身も誰かのためにできることを探す。
誰かにしてもらったことは忘れずに、してあげたことは忘れるぐらいの心構えでいたい。
年上の人を怖がらない。
年下からエネルギーや知識を得る。
パーソナルスペースを侵害しないように話してもいい線引きを決めておく。
断るときも、やりたいけど出来ない旨、条件付きで受け入れたり、代替案を提示するなど声を掛け合える関係を目指す。
趣味の場所でのキズナ作りは、心に余裕をもたらす。
近い存在の人には労いの言葉をかける。
初対面の場ではリアクションは3割増しにし、相手の名前を呼び、話題は今その瞬間に五感で感じていることを話題にするとよい。
SNSは親密すぎず、遠すぎない関係作りによいので程々に利用する。

第5章
人に話しかけられる人は、自分からも話しかけている人である。
相手との距離間の把握が上手で、不快にさせない関わり方ができる人である。
子どものように、思ったこと、感じたことをその場で素直に口にだすことができる一方で、聞き手に配慮した話し方もできる。
変化に対する気づきをふんわりした言い回しで伝えることができる。
周囲で起きていることに気づいていて、周りの人達の変化や情報に気づいているので、話題にも事足りない。
相手が答えやすいように質問することができるし、自己開示もできる。
相手の話を自分の事のように考えることができるので、聞いた情報も忘れない。

帯コメント
自分以外に興味をもつことを意識しないと、人に話しかけられないし、人も集まらない。

このレビューは参考になりましたか?

「社会・政治」ランキング