【感想・ネタバレ】一生モノのジャズ・ヴォーカル名盤500(小学館新書)のレビュー