【感想・ネタバレ】老いては夫を従えのレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年03月24日

キャッチーなタイトルですが、最後まで読んでも夫を従えてはいません。
夫(弘兼憲史)は究極の自由人と見ました。

でも柴門さんの方は、義父母と同居し、幼い子供を育て、「東京ラブストーリー」を連載していた。
いや、やらざるを得ない状況に陥ったら、やれるもんですよ。
ある程度は。

時は流れ、人は年をとる...続きを読む
もう、体の不調が顕著なのよ。
私もここ数年で、外反母趾になり、生まれて初めてのインフルエンザに罹り、乳がんにもなった。
右胸にメスを入れた後遺症なのか加齢のせいか、右腕の可動域が狭まった。
手を上にあげることも横に延ばすこともできるけど、後ろに引くと痛くてたまらん。
毎日毎日、老いを感じる瞬間。

新しいものに挑戦しても、根気が続かなくなる。
頭で考えていることと口が、または手が連動しなくなる。
忘れてしまいたい過去は覚えているのに、大切なことを忘れていく脳。

ああ、同じ同じ。
病気自慢をするようになると年寄りの仲間入りの気がするけれど、自分だけじゃないんだなあと安心できるのはことのほか嬉しいし、楽しい。
このポジティブな気持ちが免疫力を高めているのかもしれないのだから、ちょっとご容赦願おう。

夫も妻も、自分のペースで生活を楽しみ、たまに一緒の嬉しい時間を持てたら、それは幸せな老後と言っていいのではないだろうか。

このレビューは参考になりましたか?