【感想・ネタバレ】現代論理学入門のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年03月14日

記号論理学の入門書です。

本書の中心をなす第2章では、命題論理と述語論理の基礎を紹介していますが、第1章と第3章は、著者の専門である哲学に関わる話題が扱われています。「分析哲学」と呼ばれる哲学の潮流の中で、フレーゲやラッセルといった論理学の刷新にたずさわった哲学者たちが向き合っていた問題と、その哲...続きを読む学的意義が解説されています。

現代の論理学では、私たちの知識を統一的な原理のもとに組織するという意義を持っており、形而上学的な独断に基づいて論理学を否定するような考え方に対する批判がおこなわれています。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月14日

よくもまあここまで細かく、言葉に厳密であろうとする態度をとれるなあ、と、いい意味で呆れる。
僕たちがごくごく当たり前に使っている言語の奥深さを、わずかながら垣間見せてくれている感じ。

僕の感触としては、半ばで紹介されていたデカルトの言葉がかなり的を射ているように思う。
いわく、論理学は新しい何かを...続きを読む学ぶというわけではなく、すでに知っている何かのよい説明を学ぶものだ、と。

なるほど。

このレビューは参考になりましたか?