【感想・ネタバレ】砂漠の影絵のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年08月28日

石井光太『砂漠の影絵』光文社文庫。

本作はノンフィクションではなく、『蛍の森』に続くフィクション小説である。ベースには石井光太の一連のルポルタージュがあるようで、描かれる事件が実際に起きたISILによる日本人拘束事件とオーバーラップし、非常にリアリティがあり、迫力があった。

2004年、イラクで...続きを読むも最悪なテロ組織に商社マンの橋本優樹ら日本人男女5人が拉致される。組織の要求は自衛隊のイラクからの撤退だが、日本政府がその要求を拒否したことから、処刑の日が刻々と迫ってくる……

自国の利益、石油利権のために他国に土足で踏入り、次々と戦争を仕掛け、他国をテロ国家と罵る自称世界の警察、アメリカ。犬のようにアメリカへの従順さを示し、『テロには屈しない』として人命を切り捨てる日本政府。アメリカの介入と攻撃にどこまでも対抗しようとするテロ組織。どこまでも交わることのないそれぞれの主張に未来は無いのか……

本体価格920円
★★★★

このレビューは参考になりましたか?