【感想・ネタバレ】IP/NN 阿部和重傑作集のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2012年09月03日

個人的にIPが星3つ、NNが星4つ半ぐらいかな。やー面白かったです、ニッポニアニッポン。主人公のぶっとび具合がもう、一周回ってアホ可愛く思えてしまいます。勝手にトキを守ろうと決めたくせに、トキの交尾に逆ギレしてるあたりが笑える。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月28日

「ぼく」という幻想。

この本は『インディヴィジュアル・ブロジェクション』と
『ニッポニアニッポン』という
阿部の代表作を1冊にまとめたものである。

感じたのは人称の問題だ。

それは「ぼく」という幻想のありかを
突き詰めていくことになる。

1作目のは主人公は自分をスパイだと思う映写技師だ。
...続きを読むぼく」という一人称で書かれることで、
本当にスパイなのか、
身の回りに危機が迫っているのかどうかが
曖昧なままで物語は進んでいく。

「ぼく」の実は平凡な日常が
Гスパイ行為」というフィルターを通すと、
非日常へ様変わりしていく。

本当の「ぼく」は何なのか?
存在自体が揺らいでいく。
これは今を生きる「ぼくたち」の
不在証明のようにも思えてくる。

もう1作は、トキを逃がそうとする「春生」の物語だ。
トキは学名ニッポニアニッポンであり、
まさに日本を解放するという比喩である。
その物語が3人称で書かれることで、
行動の滑稽さが立ち上がってくる。
これもまた「ぼくたち」のもうひとつの姿に思える。
日本の今という現実に閉じ込められて、
「ぼくたち」は歪んでいないだろうか?

「ぼく」という存在の
幻想を暴く1冊だ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月10日

なんだか不思議な読後感。体調が悪かったのもあるかもしれんが、特にIPの方は読んだあと暫く現実感を失った。しかし、最後まで意味わからんかった。
IPもNNもスタイリッシュ?といえばそうだが、壮大な中二病とも言える。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年12月31日

ニッポニアニッポンがめちゃくちゃ面白かった。インディヴィジュアル・プロジェクションはいまいち掴めないというか・・・。あのラストあたりからの急激な展開はかなり読む者をソワソワさせるけど笑。

このレビューは参考になりましたか?