【感想・ネタバレ】失踪日記【電子限定特典付き】のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2021年04月17日

 ビブリオバトルに出場したときのチャンプ本。アル中、家出、自殺未遂などヘビーな中身なのだが、それすギャグになってる。丸い線がまたそれを引き立たせる。面白いと言っては不謹慎か。
 本当に惜しいマンガ家を亡くしてしまった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月10日

キンコンの梶原がしくじり先生で失踪の真実を告白していたのがきっかけで購入。
前から読みたいと思っていたけど、後押しがなかった。

面白かったのは、失踪してからの方が太ったというところ。

キンコンの梶原が一生付き合っていかないといけない病と言っていたように、吾妻先生も失踪を繰り返す。依存症やうつ病は...続きを読む一生、うまく付き合わないといけないのだ。
あとがきのインタビューにもあるように「みなさんに喜んでいただけるように」っていうサービス精神に二人の共通点を感じた。

それにしても、失踪するっていうのは「自殺」とも違うし、「生きたい!!」という渇望からくる行為のように思える。
それって依存行為とほぼ同じだし、現に吾妻先生はアル中だ。
依存症っていうのも、また不思議だけど、「生きたい!!」っていう心の叫びなんだよね。だから、家族や周りの人は分断しちゃいけないし、手を放しちゃいけないんだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月27日

凄いマンガだなと思いました。
ここまで、結構、ひっ迫している状況をデフォルメできる能力に、
感服します。かなり際どい状況でも、著者のマンガのフィルターを通して見ると、
まぁ、しょうがない、もう少しやってみよう、と思ってしまうから不思議です。

現実を自分なりに解釈して、どこか滑稽なモノにする、こうい...続きを読むう生き方って、
これから、どんどん必要になると思いますね。
いやはや、本当に、目から鱗が落ちるマンガだなと思いました。

閉塞感、生きにくいという不思議な表現がありますが、
それらは、自分への解釈次第では、自分と社会の関係性で、
また違った現実を作れるかもしれませんね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月03日

先日 亡くなったニュースをみて、改めてこの本を読んだときの衝撃を思い出した。
アルコール依存性の凄まじさがリアルで 深く心にしみいった。おかげで自分の禁酒に役立たと思う。
感謝して、心よりご冥福をお祈りします。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月21日

こんな破天荒な漫画家はもう二度と出てこないと思う。美少女漫画の草分け的存在でもあった。

ご冥福をお祈り致します。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月13日

「第34回日本漫画家協会賞大賞」「第10回手塚治虫文化賞マンガ
大賞」「平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞」「第37
回日本SF大会星雲賞ノンフィクション部門 」と、数々の賞を受賞
した漫画である。

漫画家・吾妻ひでお氏の2度に渡る失踪事件を、ご本人が描いた
実録漫画(?)で...続きを読むある。あ、多分、脚色している部分はあると
思うのだけどね。

ある日突然、原稿をほっぽり出して仕事場から逃げ出してしまう。
当然のように仕事は激減。そうして「取材旅行」と言う名の失踪
劇の幕が上がる。

作家・松井計氏もホームレス体験を綴った作品を出しているが、
松井氏は経済的状況でホームレスにならざるを得なかったこと
の体験ルポだった。

これに対して吾妻氏のホームレス体験は、原稿を落としたことも
あるのだろうが根底には現実逃避もあるのではなかろうか。その
現実逃避が、本書の続編となる『アル中病棟』を描く原因になった
アルコール依存症への道まっしぐらになったのかも。

厳しい生活だったと思うのよ、ホームレスって。実際、吾妻氏も
失踪中に屋根がある場所で眠れる有難さを訴えているしね。でも、
絵柄の影響もあって少々おミカルでもある。

特に2度目の失踪の途中で東京ガスの孫請け会社の配管工にスカウト
されたお話は結構笑える。

ただ、奥様やお子さんたちは大変だったろうと思うのよ。一旦は
戻って来た吾妻氏が、再度、取材旅行に出るなんて思ってもいな
かっただろうから。

描かれた作品の裏側には、ご家族の苦労もあるのだと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月20日

最後に生き残る人っていうのは、実はこーゆー人ではないんかしらん? たくましい。負けてない。ギリギリのラインで踏みとどまっておられる壮絶をユーモアで表すその凄まじさよ。「鳥よ、俺って優雅?」「警察で色紙に「夢」」「俺泣く。看護婦笑う」ここらが最高。続編『アル中病棟』が楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月24日

吾妻さん、破天荒すぎる!漫画家だけど、突然失踪してホームレスになる。ビニールシートや毛布拾ってきて寝る場所作って、食べるものはゴミ捨て場で調達。自販機で小銭探しをしてお酒を買う。空き缶に残ったお酒をかき集めて謎の一杯を作って飲む。自分の家があって奥さんもいるのになぜこんなことを。挙げ句の果てに失踪中...続きを読むに配管工として働き始める。生きる力に溢れてるなー!めちゃ面白かった!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月31日

絶対味わえん、味わいたくない、アル中の生々しくも笑える(笑えるように描かれている)漫画。アル中なんて誰でもなるよなーって思うよ。甘えはみんな隠していてもあるもんね。それが表面化して何かに頼る度合いが強くなれば立派な依存。人は常に闘ってる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年11月24日

アル中病棟を先に読んで、絵柄が好みすぎてこちらも読んだ。失踪した話などはなかなか聞くことができないのでおもしろかった。絵柄とコマ割りの仕方が好みすぎる……

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年04月15日

失踪編、土木編、アルコール編とあるのですが、失踪編が案外楽しそうに見えてくる。それとも作者が特別能力がある方だったのだろうか。

私もアルコール依存症なので、離脱症状の辛さは良くわかります。あれを経験するくらいなら、お酒を絶やしたくないです。
飲んで苦しんで死ぬか、苦しんで飲まなくなるかのどちらかな...続きを読むのですが、前者が多いような気はしています。

私は苦しんで飲まなくなりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年07月18日

正直、ホームレス生活のゴミ漁りの下りはリアルすぎて気持ちが悪くなった。(しかも長いんだよね)アル中の描写には凄みがある。この間お亡くなりになった時に話題になったので手に取りました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月23日

少し前に吾妻ひでおさんが亡くなったと聞いて読んでみた。
シリアスなというか、切羽詰まったエピソードかほのぼのしたタッチの絵で語られる。
アルコールを楽しみたいからこそ、アルコール依存には気をつけよう。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

半分くらい内容を忘れてた

むのな 2019年11月20日

今回、10年ぶりに読んだ。私がこの10年間に、いらん苦労をしたせいか、わかりみが深まっていた。このマンガでは、嫌な登場人物のことも、楽しいギャグで表現してくれているので、10年前はニヤニヤ笑って読んだが、今回は身につまされた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月22日

著者が亡くなられたと聞いて読んでみた。このくらいぶっ飛んでみたい。ご本人は苦しかったろうけど、憧れてしまう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月13日

アルコール依存について知りたくて読んだが、それ以前のホームレス生活が興味深かった。普通に書くと暗く陰惨な話になりそうだが、それほど暗く感じないのが良くもあり、物足りなくもあり。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月20日

凄い話や。絵がコミカルタッチだけど綺麗だから、内容は汚いけど、あまりそう感じられない。あと当然だけど、絵から臭いは伝わってこないから、実際には凄まじいんだろうけど、それもあくまで想像の話。あまりリアルだと、生理的に受け付けないレベルになってきそうだから、このくらいでちょうど良かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月10日

突然原稿をほっぽって逃げた漫画家氏による、失踪時とその後のアル中のエピソードを笑いに昇華して描いたコミックエッセイ。リアリズムを排除している分、エンタメとしてすとんと読めるけど、リアルで考えたらかなり大変だぁ。売れっこ漫画家さんの時代含めて、色々貴重な体験記です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月23日

作者が実際に失踪しホームレス生活、配管工の日雇いなどをした話とアル中で入院した話の自伝マンガ
本来の内容はシリアスで切実だが軽快に読み易く描かれている
自分に最低限の自信とプライドを持ちながらも無気力さが強く、人間として最低限の生活と酒で生きる
しかしながら淡々と日々を送りそれなりの楽しささえ感じら...続きを読むれる暮らしぶりが面白い

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月12日

「2」を読み、こちらも読んでみたくなったので中古購入。
内容的には悲惨になる話なのだが、氏の絵によって(もちろん内容の取捨はあったと思うが)、そこまで悲惨な感じが受けず、逆にそれが凄まじい生活を感じさせる。
(550)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月18日

 マンガ家さんが、失踪していたときの出来事。
 どうして失踪したか、な部分はさらっと流して、メインは一匹狼ホームレスの生活について。ハードな部分も多いけど、ご飯の調達は不可能ではない生活ぶり。でも、普通に生活するよりずっと大変そう。

 ホームレスライフって、何人かの小グループになって、助け合って生...続きを読む活しているイメージがあったので、この人みたいに完全に一人でホームレス生活をすることが可能だとは思わなかった。
 痛んだ食べ物ってどこまで食べられるんだろう……。自分なら、どこかのタイミングで、病院に行かなきゃいけないレベルの体調不良を起こしそうです。雪景色はきれいでしたけど、同時に恐ろしかった。凍死怖い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月12日

タフなんだか弱いんだかよくわからない。
でも逃げてとりあえず生き抜いてるってことは、
やっぱりタフ人なんだと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月13日

実話である。すさまじいなと思いつつ、東京では、乞食のような状態でも、意外に生きていけるものだと思った。贅沢を言わなければ、お金がなくとも生きられるようだ。
著者のマンガ、最盛期に読んだことあり。

捜索願が出ていた、そんな中で、工事現場にしろ働けるものなのか?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月28日

漫画家・吾妻ひでお氏の実体験に基づくルポルタージュ的な漫画です。続編の『アル中病棟』(イースト・プレス:2013)があまりにおもしろかったのでこちらも読みました。

おおまかにはホームレス生活編・配管工生活編・アル中生活編の3つに分けられるかと思います。やっぱり読み返してしまうのは、後半の「アル中」...続きを読むエピソードでした。『アル中病棟』と重複する箇所もあるのですが、こちらのほうがなんというか、より荒んだ感じがします。

P.153の左下のコマが忘れられません。"恐ろしいから そうだ 酒 日本酒なら 飲めるかも そうだ 酒飲もう 恐ろしい 恐ろしいからね"。わたしはアルコール依存症に至ったことはありませんが、恐怖からの逃避を目的としてアルコールに手を出したことは何度もありました。そのころの自分を思い返してみると、「そうだ酒飲もう、恐ろしい、恐ろしいからね」というフレーズはなんともいえないリアルな感じを受けます。

ちょうどこれを書いている日に、某クリニックのケースワーカーから、アルコール依存症についてのレクチャーを受けました。いわく、精神疾患を抱えている人のなかで、一番マジメなのがうつ病患者、二番目がアル中、とのことです。本書を読んでいても、人間というものを本当に真摯な姿勢で見つめている著者の姿勢を感じます。自分自身に対しても身の回りの人間に対しても、とにかく観察眼がすごい。

わたし個人としては『アル中病棟』のほうがお気に入りではありますが、多くの賞を受賞した作品だけに完成度の高い一冊です。

(20160228)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年09月08日

数年ぶりに再読。自分が工事関係の仕事に天色したこともあって、配管工時代が実感を持って読むことができた。ずっと前に読んだ本を読み返すのも面白いものだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月26日

はちゃめちゃである。はちゃめちゃな話を読むと落ち着く。しかも悲壮感なしに昇華してるからスゴイ。さすが吾妻ひでお。(だいぶ前に読んでたのだがアル中病棟の前に再読)
視点が冷静だしな。とりみきとの巻末対談もよかった

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年08月02日

逃げたくなること、あるよなあ。
たとえ家がなくても人って生きてはいけるんだよね。生きては。
目の前の事から逃げたとしても、生きてはいけるんだよね。
遠回りしてまた戻ってこれる事だってあるんだよね。
それがその人の人生に、なっていくんだよね。

コミカルな絵で描かれてて読みやすいけど、実際…と思うとし...続きを読むんどい事もたくさんあったろうなあ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年11月17日

2019/11/16
追悼読み。
失踪しないけどちょっと羨ましい。
知らない世界っておもしろい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月21日

作品中に出てくる作者の行いがひどすぎて、嫌な気持ちになりながら読み終わったので、正直良い印象がない。それはつまりそれだけ追い込まれていたということなのだろうけど、読む人を選ぶ本だとは思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月30日

再読。ご本人も仰ってるが、本当は色々とつらく苦しい時期だったと思うのですが笑いに昇華して描いているのはさすが。アルコール依存で苦しんでいる方からすればやり直しの希望が持てるのではないかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月26日

全て実話(笑)の作者の赤裸々体験記。

ホームレス。アル中。精神科入院。
リアルなんだけど生々しくない。いや本人はきっと大変だったんでしょうけど…。

酒は飲んでも飲まれるな。失踪も飲酒もほどほどに。

このレビューは参考になりましたか?

「青年マンガ」ランキング