【感想・ネタバレ】解読 ウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年07月26日

ウェーバーには非常に興味がありましたが、「プロ倫」そのものを読んでもピンとこないところが多くあり、わかりやすい解説書が欲しいなぁと思っていたところで本書の上梓のツイートを発見し、発売日買いをしてしまいました。

本書では「プロテスタンティズムの倫理」と「プロテスタンティズムの天職倫理」が断絶している...続きを読むという前提のもとで、明確にその論旨の違いを図解してくれる「優しい」解説書であり、「プロ倫」を読むためのコンパスになること間違いなしといった読後感でした。

ウェーバーに興味を持ったきっかけが、何か現代社会の鬱屈とした状況を読み解くために役立ちそう!という期待を感じたことでしたが、本書を読んでその期待はあながち間違いではなかったことがわかったので、「プロ倫」再チャレンジの機運が高まります。

このレビューは参考になりましたか?