【感想・ネタバレ】BUG 広域警察極秘捜査班(新潮文庫)のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年11月30日

非常にテンポが良く物語が進む近未来型SFミステリー。

死刑囚水樹陸という戸籍を捨て、天才ハッカー沖田シュウとして、ハイテク機器を使いこなし捜査を協力する主人公が、仮想通貨に主軸を置きつつも、沖田(水樹)が死刑になった原因の事件の解決を挑むというストーリー。

先にも述べた通り、テンポが非常に良い。...続きを読むスラスラと読める印象であり、難しい言葉は基本的に分かりやすいように解説しつつという感じ。

物語の結末的に、続きも期待できる作品。
続きが出たら読みたいし、作者福田和代氏の作品は読みたいと思わせてくれた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月07日

長年、小説を読んでおらず、リハビリがてら何か面白そうなものがあったら読んでみようと思い、買ってみた。警察もの、ミステリーものが好きな私にとってはとても面白かった。やってもいない罪で齢16にして逮捕され死刑判決を受けた少年が、警察の極秘捜査班でハッカーとして働くことに。極秘捜査班、通称"BU...続きを読むG"として動く中で、事件の真相を暴き、自分の人生を台無しにした真犯人と闘う。果たして少年は、奪われた自由な人生を取り戻すことができるのかー…?というお話。
400ページ弱と、私にとっては少しボリューミーだったが、凝った物語に引き込まれていき、サラッと読めてしまった。終わり方も終わり方なので、続きが出るかも…?と期待。

このレビューは参考になりましたか?