【感想・ネタバレ】スターリンの息子 上のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年01月26日

1996年2月、ストックホルム。シンクタンクで働くマックスは、音信不通になった恋人パシーの身を案じていた。彼はパシーの住むサンクトペテルブルクへ飛び、そこで、彼女がロシアで急成長している携帯電話会社の技術について情報収集をしていたことを知る。この企業とパシーの失踪には何かかかわりがあるのか?ソ連崩壊...続きを読む直後のロシアと第二次世界大戦末期のスウェーデンを舞台に繰りひろげられるサスペンス長篇、開幕!

登場人物名さえ交通整理できれば、結構読ませます。

このレビューは参考になりましたか?